Snow Man 深澤辰哉はグループ随一の愛されお笑いキャラ 彼氏感溢れる一面で“リアコ枠”としての人気も

 デビューシングルで圧倒的な結果を残した、SixTONESとSnow Man。デビュー後もバラエティ番組やドラマ、映画、音楽番組など様々な場面で活躍を見せている2組は、ジャニーズの新星として知名度を上げている。そして、その活躍は国内だけに留まらない。例えばSnow Manは、2月1日にもタイ・バンコクのセントラルワールドにて開催された『JAPAN EXPO THAILAND 2020』に出演。今年中にはアジアツアーも開催される予定だ。こうして国内外で順調に活躍を見せるSnow Man。「SixTONES&Snow Man徹底解剖」第10弾は、そんなSnow Manの最年長メンバー、深澤辰哉に注目したい。

 深澤は1992年5月5日生まれの27歳。母親が履歴書を送り、2004年にジャニーズ事務所に入所している。入所翌年からHey! Say! JUMPの前身的グループ・J.J.Expressのメンバーに抜擢された深澤は、その後2009年にMis Snow Manのメンバーに選ばれ、2012年からはSnow Manとして活動してきた。彼の下積み時代は長く、デビュー時最年長記録(27歳8カ月)、約16年のジャニーズJr.歴を持つ人物だ。

 様々な舞台に出演してきた深澤は、そのコミカルなセンスで笑いを提供しているイメージが強い。ジャニーズJr.チャンネルやSnow Manの単独チャンネルにアップされている動画でも、いたる所に笑いのポイントが散りばめられている。例えば、「Snow Man『D.D.』マルチアングル映像鑑賞会」では、鑑賞場所へ移動する際に一人取り残されるという“あるある展開”を全力でやり切ったり、ジャニーズJr.チャンネルの「3年J組阿部ちゃん先生」シリーズでは謎キャラで珍回答を連発したり、「【人類を超越している男】深澤辰哉の食べたい中華は?」では独特の食レポでメンバーから総ツッコミを入れられたり……。『滝沢歌舞伎』でも、お丸という女方を演じており、とにかくキャラが濃く、喜怒哀楽を全力で振り切って演じる深澤のお丸役に心を掴まれる人も少なくないだろう。また、モノマネも得意で、ジャニーズの先輩モノマネを披露したり、えび、あわび、かに、ホタテのというシュールなモノマネを披露したりと、グループ随一の愛されお笑いキャラでもある。

Snow Man「D.D.」マルチアングル映像鑑賞会
Snow Man【人類を超越している男】深澤辰哉の食べたい中華は?

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる