TOMORROW X TOGETHER、ステージの完成度はメンバー間の信頼の表れに 『Mステ』初パフォーマンスを観て

 今年1月に1stシングル『MAGIC HOUR』で日本デビューを果たしたTOMORROW X TOGETHER、通称TXT。BTSの弟分ということもあり、本国でのデビュー前からここ日本でも耳目を集めている存在だ。

TOMORROW X TOGETHER『MAGIC HOUR』(通常盤)

 そんなTXTが1月24日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、先述のデビューシングルより「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away)[Japanese Ver.]」を披露。このパフォーマンスを踏まえ、TXTの持つユニークな魅力を考えてみたいと思う。

 まず活動曲となる「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away)」からして、新人グループらしからぬ魅力を持っている。新人グループのデビュー曲は、グループの今後を占う意味でもとても重要だ。よって、その時々でのトレンドを踏襲し、キャッチーでありながらもグループの持つコンセプトとの掛け算が求められる。また、10代のグループであれば、フレッシュさやキュートな魅力を押し出すことが多い。

TOMORROW X TOGETHER ‘9と4分の3番線で君を待つ (Run Away) [Japanese Ver.]’ Official MV

 しかし、「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away)」はかなりコンセプチュアルだ。鉄琴を使ったメランコリーなリフや、ディストーションの効いたギターといったサウンド。そしてトレンドのディープハウスやトロピカルハウスを軸に据えた四つ打ちでもなければ、フューチャーベースやハードなトラップでもない。リードトラックというよりはアルバム収録曲のような奥深い魅力だ。

 恐らくだが、“BTSの弟分”だからこそトレンドをあまり気にすることなく、思い切りのある活動曲を用意できたのではないだろうか。

 冒頭で触れた『ミュージックステーション』では、よりその異色さが際立って見えた。事前のトークこそ可愛らしいものの、ステージはデビュー1年足らずのグループとは思えない完成度だ。見せる表情も楽曲の世界観を引き出し、“10代のかわいい男の子”のそれではなく、セクシーな魅力を放っていた。一方で、ステージを終え挨拶しようと他のメンバーが整列しようとする中、ヒュニンカイがポーズを崩さないままでいたのは、ステージとの愛らしいギャップを感じた。ともかく、外国での生放送というのはハードルとしてはかなり高いレベルにあると思うが、全くそれを感じさせないステージだった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!