GENERATIONS 片寄涼太、グループでもソロでも大活躍 歌、パフォーマンス、演技……多方面で輝く魅力を分析

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)「Possible」

 GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)のボーカルである片寄涼太。1月7日には自身も出演するドラマ『貴族誕生-PRINCE OF LEGEND-』&映画『貴族降臨-PRINCE OF LEGEND-』の主題歌でもあり、ソロ名義で初の楽曲となる「Possible」を発表した。2019年はGENERATIONSとして『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合/以下、紅白歌合戦)に初出場し、個人としては注目度の高かったドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系/以下、3年A組)の出演や、橋本環奈との共演作『午前0時、キスしに来てよ』で主演を務めるなど、歌と演技どちらでも活躍を見せてきた片寄涼太。本稿では、彼の魅力について改めて分析していきたい。

 片寄は1994年生まれで現在25歳。身長183cmという長身と小顔且つ整った顔立ちで、「王子」とも呼ばれる。また祖父と父が音楽教師であり自身もピアノを習っていたという経験から、芝居やパフォーマンスの一環でピアノの弾き語りを披露するなど器用な一面も持つ。芸能界デビューのきっかけは2010年の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカルを決める『VOCAL BATTLE AUDITION 2』でファイナリストに選ばれたことだ。元々、EXILEの大ファンだったという片寄。その後、EXPGで特待生としてレッスンを重ね、2011年にGENERATIONSのメンバーに選抜されてからは、甘い歌声を持つボーカルとしてだけではなく、EXILE史上初“踊れるボーカル”としてもう1人のボーカル数原龍友とGENERATIONSに貢献してきた。

 個人としてドラマや映画といった芝居での露出が目立つ分、GENERATIONSのメンバーとしてはまた違った印象を与えている。ベビーフェイスとも言われている片寄は、デビュー当初その可愛らしさとパフォーマンス力の高さとのギャップで注目を集めていたが、最近では別の側面も見せている。昨年の『紅白歌合戦』でも歌唱した「EXPerience Greatness」ではメンバーそれぞれが爽やかなイメージを表現している中、片寄のクールさが個性として際立っていた。また応援ソングとして親しまれている同曲は、数原が持ち前の逞しさで引っ張っている印象であるのに対し、片寄は寄り添って背中を押してくれるかのような優しさがある。こうしたグループとしてのバランスが個人の魅力をより惹き出しているように感じた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる