アンジュルム 室田瑞希が卒業 『ひなフェス』がラストステージに

アンジュルム 室田瑞希が卒業 『ひなフェス』がラストステージに

  アンジュルムの室田瑞希が、3月22日に明治神宮会館で開催される『Hello! Project ひなフェス 2020 〜被災地復興支援・東北を元気に!〜 アンジュルムプレミアム公演』をもって、 アンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業する。

 卒業については、2018年の年末から話し始めていたという。今まで学んだこと、経験したこと、培ってきたことを活かしながら、今後は新しいジャンルにも挑戦して自分の表現の幅を広げるために、グループを卒業して一から勉強したいという本人の強い意志のもと卒業という結論に至った。すでに決まっていたアンジュルムのメンバーの卒業タイミングも計りながら、時期について検討していたが、室田の「2020年3月いっぱいまでで卒業したい」という希望もあり、3月の卒業を発表していた船木結と話し合った結果、船木の「まずは室田の卒業を見送りたい」という気持ちも受け、室田の卒業タイミングを決めた。なお室田の卒業に伴い、船木の卒業は、アンジュルムの春ツアー終了までに変更となった。

室田瑞希 コメント

皆さまへ

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。
突然ですが、私から皆様にご報告があります。

私、室田瑞希は 2020年3月22日に行われる
「Hello! Project ひなフェス 2020 アンジュルムプレミアム公演」をもちまして、
アンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業します。

突然のご報告になり、皆さまの気持ちを動かしてしまって本当に申し訳ございません。

ハロプロ研修生になって約2年半、そしてアンジュルムとしては約5年半、
あわせて約8年になろうとしています。

小さい頃から歌とダンス、そして人前に立つことが好きだったので、
物心ついた頃からずっと、歌手になりたい! アイドルになりたい!
と言っていました。

そして、アンジュルムに加入してから色んなことを学ぶことができました。
ただ歌とダンスがより好きになった、というよりも
アンジュルムのメンバーに出会えて、
一人一人表現している中で自分はどういう表現をしたらいいのか、
自分自身の強みはなんだろう、など考えたり。。。

その中で、私が次に目指しているものは何か考えるようになりました。
自分と向き合い、何が好きか考えたら、私は表現することが好きです!
なので、一から表現する事を学び直して、再出発したいと考えています。
これからは幅広く色んなことに挑戦していきたいと思っていて、
その中で、音楽やお芝居の方もやっていきたいと考えています!

正直、自分でもどこまでいけるかわかりません。
最終的にどうなっているかもわかりません。
けど、自分の可能性を信じて、次のステージに向かいたいと思います。

実は、1年以上前から卒業を考えていて、お話をしていました。
色んな方に相談させていただいて、色んな言葉をいただいて決心しました。

船木結ちゃんは、3月に卒業を予定していたにもかかわらず、
私の勝手で自分の卒業が先になったこと、本当に申し訳ありません。
これからのことなど、色々と考えていたと思います。
ふなちゃんには、私が3月いっぱいで卒業したいことを話して了承してもらいました。

卒業までの時間を、大切なメンバーと過ごして、悔いの残らないよう
精一杯頑張りたいと思います。

室田瑞希

船木結 コメント

卒業発表をしてから数ヶ月が経ちましたが
私の卒業の時期について皆様をお待たせしてしまい申し訳ございません。

3月22日に行われる 「Hello! Project ひなフェス 2020 アンジュルムプレミアム公演」をもって
室田瑞希さんがアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業される事になりました。

3月中に卒業したいという室田さんの希望を受けて、
3月に予定していた私の卒業は、室田さんの卒業を見送ってからと思い、
アンジュルムの春ツアーの最後までという形にさせていただきました。

さらに沢山の方に全力でパフォーマンスを
お届け出来るように春ツアーのラストまで頑張りたいと思いますので
引き続き応援よろしくお願いします。

船木結

■関連リンク
オフィシャルサイト
Twitter
Instagram
Facebook
竹内 オフィシャルブログ 「アンジュルム アメリカにっき」
室田・佐々木・上國料・笠原・船木・川村 オフィシャルブログ 「アンジュルム メンバーオフィシャルブログ」 
太田・伊勢・橋迫 オフィシャルブログ 「アンジュルム オフィシャルブログ」 

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!