iKONの力強いパフォーマンスと歌唱力 iKONICとのコミュニケーションも楽しんだ年末ライブを振り返る

iKONの力強いパフォーマンスと歌唱力 iKONICとのコミュニケーションも楽しんだ年末ライブを振り返る

 昨年はファンミーティングツアーを2回、ジャパンツアーを2回と精力的にファン=iKONICに向けてパフォーマンスを披露したiKON。昨年12月には愛知を皮切りに『iKON YEAR END LIVE 2019』を開催。12月25日クリスマス当日の神奈川公演のレポートをお送りする。

 当日は多くのiKONICたちがサンタコスに身を包むなど、会場の空気は和やかなムード。”クリスマスをともに楽しもう!”という熱気が伝わってくる。そんな中オープニングがスタート。ステージ中央にiKONが現れ、「FREEDOM -KR Ver.-」で会場の熱量を一気に最高潮へと引き上げる。続いて「B-DAY」でもシンガロングを促し、オープニングから最高速のパフォーマンスを披露した。

 MC後は「EVERYTHING」、「LOVE SCENARIO」とフューチャリスティックなボーカル曲を披露。ステージを目一杯に使った力強いパフォーマンス、そして確かな実力に裏打ちされた歌唱力が惹き立っていたように思う。

 2回目のMCでは、JU-NEが「クリスマス好きじゃないんだよね(笑)」と話し、iKONICとメンバーの制止を振り切り、幼少期にサンタの正体を見てしまったエピソードを披露。JAYが「クリスマスもお前のこと好きじゃないよ」とツッコミ笑いを誘った。この日はクリスマスパーティーというコンセプトもあってか、MCの回数も多く、ファンミーティング的な側面が強いのも印象的だった。

 引き続きミドルテンポで聴かせる「ONLY YOU -KR Ver.-」 、「RUBBER BAND」を披露した後は、VCRを挟み、カバー曲やソロ曲のコーナーに。JU-NEがTHE 虎舞竜「ロード」、BOBBYが「IN LOVE -KR Ver.-」をそれぞれパフォーマンス。メンバー全員ではキラーチューンBIGBANG「声をきかせて」をカバーし、シンガロングを巻き起こして盛り上げた。

 特に印象的だったのがJU-NEによる「ロード」のカバーだ。ロードといえば日本の言わずとしれた名曲だが、MCでJU-NEが「ダウンタウンさんが好きで、番組で歌っているところを見て、いい曲だなと思った」と話していたのが愛らしい。

 続いてDKが振り付けをしたフューチャーベース調の楽曲でのダンスパフォーマンスをJAY、SONG、DK、CHANの4人で披露。とくにSONGがキレのある振りを披露し、「正直、自信満々です」と満足げに喋っていた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!