KAT-TUN 亀梨和也とSnow Man宮舘涼太の関係性に注目 ラジオで語られたデビューへのエール

 KAT-TUNの亀梨和也がパーソナリティを務めるラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(FM NACK5)1月11日放送回で、1月22日にCDデビューを控えているジャニーズJr.のSnow Manへのエールを送った。

 Snow Manのメンバー宮舘涼太は、亀梨を「憧れの先輩」として挙げていることが有名で、テレビや雑誌、ラジオ、YouTubeチャンネルなど、様々な場面で亀梨の名前を出し続けてきた。V6三宅健の『三宅健のラヂオ』(bayfm)に出演した際も「この先輩に出会って人生が変わったというのは、言っていい存在が1人いて。それが亀梨和也さん」と熱く語っていたほど。

 舞台期間中にもKAT-TUNのライブに足を運んだり、髪型や持ち物も亀梨テイストに染まっていたりと忠誠を誓う宮舘。亀梨も、そんな宮舘の愛に応えるべく自宅に招いたり、ジャニーズJr.によるライブ前には「良いコンサートにしろよ」と私物のレザーバングルをお守りのように渡したり、宮舘が舞台『SANEMORI』に出演した際には楽屋暖簾をプレゼントしたりと誠意を尽くす。宮舘の誕生日には、Snow Manのコンサートにサプライズ動画で登場してお祝いしたことも。

 そんな相思相愛なエピソードが次々と聞こえてくる中でのSnow Manのデビュー。今回リスナーから「ぜひデビュー曲『D.D.』を流してほしい」とリクエストが寄せられると、「かけません。そんなやさしくないですよ」と、まさかの塩対応。番組スタッフも、亀梨のSっ気なノリに付き合う形でエコーをON。「え? かけなきゃダメ? Snow Man? んー、どうします? フハハハ」と、最後は笑いを抑えられなくなってしまうのも、彼の愛されポイントに他ならない。

 そして、「でもね、冗談抜きに、良かったよ。本当にこうSnow Manとか、僕の帝劇ずっとついてきてくれた後輩でもあるので。うん、良かったなって。素直に。宮舘ももちろんそうだし。それ以外のメンバーも」と、率直な思いを語り始める亀梨。長い期間、ジャニーズJr.として活躍してきた彼らを知るからこそ、感じる部分もあったのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる