三代目JSB、『モニタリング』コラボ企画で見せる本音や素顔 過去の放送を振り返る

 12月26日よる8時、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)と三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)がコラボした番組『モニタリング×三代目 J SOUL CHRISTMAS 3時間SP』が放送され、レギュラー出演しているリーダーのNAOTOをはじめとするメンバー全員が出演する。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『冬空 / White Wings』(通常盤)

 年末にかけて、『MUSIC STATION ウルトラ SUPERLIVE 2019』(テレビ朝日系)や『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2019→2020』(TBS系)への出演が控えている三代目JSB。彼らは今年、グループとしての音楽活動はもちろんのこと、登坂広臣がHIROOMI TOSAKA名義で音楽活動をしながら映画『雪の華』主演などを務め、岩田剛典がドラマ『シャーロック』や映画『町田くんの世界』に出演、今市隆二がRYUJI IMAICHI名義、ELLYがCrazyBoy名義でそれぞれソロシングルをリリースするなどメンバーそれぞれの活躍も目まぐるしい。

 そんな中、今回コラボする番組『モニタリング』にはNAOTOが2016年4月からレギュラーで出演し、他MCのブラックマヨネーズやレギュラーメンバーのハリセンボン、小泉孝太郎らと共に番組を盛り上げている。三代目JSBが同番組に初出演したのは2015年、クリスマスイブの放送回だ。“もしも芸能人が学校に潜入したら生徒たちは…”という企画で、NAOTOが変装して潜入。モニタリング終了後は他のメンバーも登場し、生徒たちと“ランニングマン”を披露した。翌年から『モニタリング』とのコラボ企画「三代目 J SOUL CHRISTMAS」が恒例となり、2016年にはメンバーが3チームに分かれて全国を訪問。岩田と小林直己が小林の大ファンだという女子高校生にドッキリを仕掛ける、今市と山下健二郎が彼女にプロポーズをしたいという男性を応援する等の企画でメンバーたちはファンと真摯に向き合う素の姿を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる