アリゾナ・ザーヴァス「ROXANNE」に見るヒットの方程式 リル・ナズ・Xに端を発した新時代のスター誕生

 今年アメリカを中心に大ヒットした曲で真っ先に思い浮かぶ曲のひとつが、リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」。TikTokのヒットを追い風にストリーミングで爆発的なヒットとなり、米ビルボードソングスチャートで19週連続首位を達成、最長記録を更新しました(1週目のみリル・ナズ・X単独での名義)。そのリル・ナズ・Xに続くとみられているのが、今回紹介するアリゾナ・ザーヴァス。10月にリリースされた「ROXANNE」が米Spotifyデイリーチャートで先月末にトップ10入りを果たすと、今月7日には初の首位を獲得。ビリー・アイリッシュの新曲が登場したタイミングで一旦後退するも、11月20日の段階で再度首位に立っています。レコード会社に所属せず同チャートを制したのはこの1年間ではアリゾナのみという快挙を成し遂げました。

アリゾナ・ザーヴァス「ROXANNE」
Arizona Zervas「ROXANNE」

 Spotifyの勢いを受け、米ビルボードソングスチャートでも11月16日付で自身初のエントリーとなる34位に登場したアリゾナ・ザーヴァスは、2016年に初の作品「Don’t Hit My Line」をリリースして以来レコード会社には所属せず、ソングライトおよびエンジニアリングを自ら手掛け(Instagramのプロフィール欄には”non-fiction.”と記載)、親友らをプロデューサーに迎えこれまでにおよそ30曲を発表。大半の曲がSpotifyで100万以上の再生回数を記録してきました。そのアリゾナが本格的にブレイクしたのは、「ROXANNE」がTikTokで流行したのがきっかけ。11月中旬の段階で32万もの動画に使用されていますが、いわゆるチャレンジモノに散見される共通の振り付けはあまり見られず、投稿者が思い思いに楽しめるという敷居の低さも人気の秘訣と言えます(参考:TikTokまとめ動画)。

 「ROXANNE」のブレイクにより、昨年10月にはおよそ50万だったアリゾナ・ザーヴァスのSpotifyでのリスナーは11月中旬には1000万を突破。そして今月、アリゾナは遂に米ソニー傘下の<コロンビア・レコード>と契約を結びました。これによりアリゾナ・ザーヴァスは、あのリル・ナズ・Xとレーベルメイトになります。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる