田所あずさ、ファンと迎えた“最高の誕生日” 「イコール」の大合唱も響いた片柳アリーナワンマンレポ

田所あずさ、ファンと迎えた“最高の誕生日” 「イコール」の大合唱も響いた片柳アリーナワンマンレポ

 声優・アーティストとして活動する田所あずさが、26歳の誕生日を迎えた11月10日に東京・片柳アリーナでワンマンライブ『AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~』を開催した。最新シングル曲「イコール」や、11月27日にリリースする新曲「RIVALS」など全18曲を披露した他、バースデーサプライズもあったライブ。「今日は最高の誕生日になりました」と、26歳のバースデーをファンと迎えた。

アコースティックで魅せた26歳の表情

 2017年にリリースした『So What?』収録の「ギミーシェルター・ブライトネス」で幕を開けたライブ。ロカビリー調のソリッドなナンバーに合わせて、クラップと観客のかけ声が会場に響く。続く「1 HOPE SNIPER」は、早口で畳みかけるように歌うメロディが刺激的で、間奏前の言い放つように歌う〈1 think〉に、大歓声が沸き起こった。また3曲目には田所自身が作詞を手がけた「spit out」を披露した。田所のメッセージの詰まった叫びに、合いの手で応える観客。まるでロックアーティストのライブのように、冒頭から観客を圧倒した田所。〈つまらない想像なら何処かに捨ててきてよ〉という一節からは、”声優はこういうもの”という決めつけを打ち壊してやるという気概があふれていた。

 「ロックも好きだけど、アコースティックで歌うのも同じくらい好きだから」と話して、イスに座って歌ったアコースティックコーナーもライブの見どころになった。「この曲は絶対アコースティックにしたら合うだろうなと思っていた」と紹介して歌ったのは、「僕は空を飛べない」だ。早口で駆け上がるサビのメロディが胸を締め付けるナンバーで、サポートバンド“あずさ2号”のバンマスである神田ジョンのアコースティックギターに乗せてしっとりと歌い上げると、客席から大きな拍手が沸き起こった。

 「しばらく歌っていなかったけど、思い入れのある曲です」と紹介して歌ったのは、20歳の誕生日の時に記念にプレゼントされたという「ツボミノコエ」だ。自分はまだまだ小さな存在で、躓いたり傷ついたりしても、また立ち上がって前を見ることができるのは、応援してくれるみんなの存在があるからと、ファンへの感謝の気持ちが込められた歌詞。〈ありがとう…上手く言えなくて いつもコトバには出来ないけれど ねぇどうかどうかキミのその胸に この歌声 届きますように…〉というフレーズが、ファンの胸に刺さる。真ん中に芯を持った実に凛とした歌声からは、あの頃とはもう違う、今度は自分がみんなを引っ張っていくんだという26歳になった田所の力強さが、にじみあふれていた。

 「スペクトラム ブルー」は、「私の中で革命じゃないけど、私のことを教えてくれた曲。このワンマンでぜひ歌いたいと思った」とのことで、急遽セットリストに入れてもらったそう。11月27日にリリースする最新シングル『RIVALS』のカップリング曲で、神田ジョンの作編曲による切なさあふれるミディアムナンバー。声をかすれさせながら情感たっぷりに歌うサビは、今にも爆発しそうな感情を必死に抑え込んでいるといった雰囲気。〈私は強くない〉という、弱さを吐露するような歌声に目頭が熱くなった。

 しっとりムードになったと思ったのもつかのま、「26歳は大人中の大人。もう逃げられないな。そりゃ後輩もできるよな」と言いながら、26歳エピソードを披露しはじめた田所。事務所の後輩である松永あかねから、「田所先輩は人妻的な色気がありますよね」と言われて複雑な気持ちになったと明かして会場を爆笑に。また腹筋を鍛えていたが、ボイトレの先生から「腹筋を鍛えても歌には意味ない」と言われたそうで、「アウターばかりではなくインナーマッスルも鍛えて、中身を伴った人間になりたい」と、26歳の抱負を語った。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!