乃木坂46、加速するアジア進出 日本アーティスト初メルセデス・ベンツアリーナ2DAYS達成の軌跡

 乃木坂46が、10月25、26日に中国・上海メルセデス・ベンツアリーナで単独ライブを開催した。収容人数1万8000人を誇る同会場では、これまでONE OK ROCK(2016年、2018年)や米津玄師(2019年)、花澤香菜(2019年)らが単独ライブを行ってきた。乃木坂46は昨年12月に上海メルセデス・ベンツアリーナで初の海外単独公演を開催。今回は2DAYSの公演となり、これは同会場において、日本人アーティスト初の記録である。

『夜明けまで強がらなくてもいい』 (Tyep-C)

 乃木坂46が初のアジア進出を果たしたのは、2017年11月。シンガポールで開催された、約9万人動員の東南アジア最大級のJカルチャーイベント『C3 Anime Festival Asia Singapore』への出演だった。また、そのタイミングで英語圏、中華圏への情報発信を目的として、「Facebook」(英語・中国語繁体字)、「Weibo」(中国語簡体字)のアカウントを開設している。アジア進出の大きな足がかりとなったのは、同年に開催した東京ドーム公演(『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』)の成功。『乃木坂46 meets Asia!~Singapore ver.~』(MUSIC ON! TV)の中で、東京ドームというゴールの先に見えたもう一つの夢が海外公演であると、当時キャプテンだった桜井玲香の口から語られている。

Digest movie of “Nogizaka46 meets Asia! Singapore ver.”

 2018年2月には香港で開催された『C3AFA HONG KONG 2018』に出演。同じく2月には、「乃木坂46公式HPの多言語化」として、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・インドネシア語・マレー語・タイ語の7言語に対応を開始した。そして、同年12月には上海メルセデス・ベンツアリーナで初の海外単独公演を、2019年1月には台北アリーナにて台湾単独公演を開催。両公演の座長を務めたのは齋藤飛鳥。ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(MBS/TBS系)「乃木坂46・アイドル/齋藤飛鳥編」では、海外進出における齋藤の存在がいかに重要かが示されており、『乃木坂46 meets Asia! ~上海ver.~』(MUSIC ON! TV)では齋藤を支える存在に山下美月、与田祐希の2人がいたことが分かる。

 2011年、200万人を動員し大ヒットとなった台湾映画『あの頃、君を追いかけた』の日本リメイク版のヒロインを齋藤が演じた。2018年夏、映画と同時期にスタートしたのが、セブン-イレブン台湾のキャンペーンCM。乃木坂46が台北アリーナで公演を行った翌月、筆者が台湾に行った際、セブン-イレブンのレジ裏に貼られてあるタピオカのキャンペーンポスターに齋藤をメインとした乃木坂46メンバーが写っていたことに驚きを覚えた。台湾でセブン-イレブンは日本と同じくらい当たり前にあるコンビニ。台湾の電子マネーカード・icashと乃木坂46のコラボカードが1万枚限定で発売されると、1週間でその約8割が売れ、その後完売したという話もある(参考:乃木坂46 セブン-イレブン台湾のCM撮影現場に密着!【特集第5回】)。セブン-イレブン台湾へのCM出演は、現地で認知度を広めている大きなポイントの一つだろう。

[黑糖珍珠撞上乃木坂46]

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!