MELLOW MELLOW、ブラックミュージックに臨む姿勢「いつでも楽曲に負けないように歌いたい」

MELLOW MELLOW、ブラックミュージックに臨む姿勢「いつでも楽曲に負けないように歌いたい」

 1970~80年代のブラックミュージックをベースにしたグルーヴィーなサウンドとともに、レベルの高いヴォーカルとダンスをステージで披露するMELLOW MELLOW。サンミュージック所属のアイドルグループ・さんみゅ~としても活動するSENAとMAMI、スマイルカンパニーに所属するHINAによる3人組だ。2019年10月2日で結成2周年を迎えた彼女たちが、ニューシングル『WANING MOON』をリリース。カップリングの「Groovy Journey!」も含め、作編曲とサウンドプロデュースは、フィロソフィーのダンスの全編曲を担当する宮野弦士だ。MELLOW MELLOWの活動に真剣に向かいあう3人に、ダンスヴォーカルユニットとしての姿勢や音楽性、そしてグループに賭ける思いを聞いた。(宗像明将)

『TIF』を境に輪が広がっている(MAMI)

ーーMELLOW MELLOW結成の経緯は、さんみゅ〜のリリースイベントにSENAさんとMAMIさんが出ていて、そこにHINAさんが来ていたことだそうですね。

SENA:さんみゅ〜の定期公演がありまして、そこにHINAちゃんと大人たち(笑)が見にいらっしゃってて、それを機に「この3人でやったらいいんじゃないか?」っていう話になったらしく。

ーーSENAさんとMAMIさんは、今もさんみゅ〜で活動していますね。

SENA:曲調はガラッと違いますね。MELLOW MELLOWではライブへの気持ちのノリが違います。「イェーイ!」みたいな(笑)。

MAMI:個性の出し方は、MELLOW MELLOWのほうがもっとラフな感じで、素に一番近いんじゃないかなって思います。

ーーHINAさんはジャズダンスの経験者なんですよね。

HINA

HINA:高校生のときにいきなり歌って踊りたくなって(笑)、スマイルカンパニーのオーディションを受けて合格しました。でも、その後、MELLOW MELLOWの結成まで2年ぐらいありました。

ーーSENAさん、MAMIさんとMELLOW MELLOWを作ると言われてどう思いましたか?

HINA:もうテンションがぶち上がりました(笑)。「きたーっ!」みたいな。すごく嬉しかったです。

ーー結成から2年間を振り返ってみていかがでしたか?

SENA:今は“ダンスヴォーカルユニット”っていうコンセプトでやらせてもらっているけど、結成したときは「ちっちゃい子が頑張って歌って踊ってる」みたいな可愛らしさを前面に出していた感じはあったんです(※3人は全員身長150センチ以下)。でも、今は雰囲気やライブでの攻め方もガラッと変わって、「MELLOW MELLOWが好き」って言ってくれる方が増えました。

MAMI:最近はとにかくMELLOW MELLOWの曲を聴いてほしいという気持ちが強いので、MCもやらずにずっと歌ったりして、ライブ中もファンの方と私たちのパフォーマンスがぶつかり合っている感じです。

HINA:私はもともとダンスがすごい好きだったので、たくさん踊れるようになって嬉しいです。

ーーちなみに、SENAさんがさっき「ダンスヴォーカルユニット」って言いましたけど、アイドルではないんですか?

SENA

SENA:自ら「アイドルではないです、アーティストです」みたいな宣言はしないです。それは見て感じていただきます。

ーーそれをなぜ確認したかと言うと、『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』初出演の話になるからです。直射日光が射す野外で素晴らしいステージでした。あの『TIF』の手応えはいかがでした?

SENA:さんみゅ〜では2012年からずっと出てるんですけど、今年が一番手ごたえを感じました。『TIF』後の定期ライブに人が増えたり、「『TIF』を見てきました!」みたいな方がたくさんいらっしゃったり、びっくりしました。

MAMI:その日を境にMELLOW MELLOWだけを見にきてくれる人が増えて、毎回のリリースイベントでも「はじめまして」の方が絶対にいて、少しずつ輪が広がってきているんじゃないかなと思います。

HINA:反響があったのが嬉しくて、びっくりです。

ーー『TIF』では、歌だけではなくパフォーマンスのレベルの高さも印象的でした。DA PUMPオリジナルメンバーのKENさんがコレオグラファーをしていますね。

SENA:KENさんは私たちが「もっと頑張りたい」と思えるような教え方をしてくれます。

MAMI:最初はやったことがないステップが多かったので、すごく苦戦したんですけど、一緒に考えながらやってくださって。

HINA:「自分たちの曲で、こういう思いがあるなら、ここはこうしたほうがいいんじゃないか」って、どうしたらいいかを教えてくれる感じですね。

ーー今、ステージに対する自信はありますか?

SENA:……あります!

ーー間が一瞬ありましたね。

SENA:いや、そんなことないです(笑)。自信はいつもあります。

MAMI:いろんなステージに立っていても「私たちが絶対に一番だな」って思って歌ってます。

HINA:もちろん自信を持って、全面にそれを出してやるように心がけていますね。やっぱりそうやって思っていないと、良いものって出来ないので、「私たちを見てください!」っていう思いでやっています。

ーーそしてニューシングルの「WANING MOON」のサウンドプロデュースは宮野弦士さん。楽曲を受け取ったときの感想はいかがでしたか?

SENA:宮野さんが作ってくれた前作の「Dear My Star」はサビでガーッて歌って、意識的にエモい感じにしていた部分もあって。でも今回はそういうタイプでもなくて、難しかったです。

ーー爆上がりする曲でもないし、バラードでもないですもんね。

SENA:そうなんです。どれだけリズムに自分が乗れて歌えるかみたいなところがあって。だから今回はちょっと新境地かなと。

MAMI:今までのMELLOW MELLOWは、こういう爽やかな感じを出したことがないなって。ガツガツいくような曲調じゃないので、レコーディングのときも意識して、歌い方をいつもと変えたりしました。

HINA:夏っぽいと思いました。爽やかで、テンポもゆったりしていて。

ーーレコーディングでは、どういうところが一番難しかったですか?

SENA:リズムに対してスタッカート気味というよりも、全部つながっているイメージで、なだらかな感じや少しアンニュイ、というのを意識しながら歌ってみました。

MAMI:今回はちょっと息多めに、柔らかい感じで歌うように心がけました。

HINA:自分のパートのキーは高くないんですけど、暗くなりすぎないように歌いました。寂しくなりすぎるとダメかなっていう感じで、明るさも入れつつ。

ーー作詞は深川琴美さんですが、2番の歌詞は〈メイクして〉〈ロックして〉〈面倒な〉〈ロマンスも〉〈でもまだ〉〈痛いよ〉〈たいせつ〉〈いちばん〉を縦読みすると「メロメロでいたい」になりますよね。

全員:……えっ!? 本当だ……!

SENA:えー、びっくりです。でも、嬉しいです。歌詞を書いてくださる方がそこまで思ってくれて。大きな愛情を感じるし、「大切に歌いたいな」って思います。

MAMI:今聞いてすごいびっくりなんですけど、より一層「ちゃんと歌っていきたいな」って思いました。

HINA:いやちょっと……私は気づけなかったショックが大きいです……(笑)。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!