マイケル・ジャクソンがジャニーズメンバーに与えてきた影響ーーA.B.C-Z 戸塚祥太らの発言から考察

 西寺郷太がパーソナリティを務めるラジオ番組『ディスカバー・マイケル』(NHK-FM)の9月22日放送回にA.B.C-Z・戸塚祥太がゲスト出演し、「マイケル愛」を語った。この日は「郷太先生の音楽講座スペシャル」と題し、西寺が普段から交流のある戸塚とともにマイケル・ジャクソンの楽曲についてトーク。戸塚がマイケルにハマッたきっかけや受けた影響などについて言及した。

 ジャニーズのショーの中にはマイケルからインスパイアを受けたと思われる演出やポージング、パフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。そんなジャニーズの中でも、戸塚はマイケル好きとして有名だ。戸塚がマイケルのパフォーマンスを初めて目にしたのは、『ライブ・イン・ブカレスト』のDVDだったという。同番組では「ハワイのジャニーさん家でみんなで見てたんですよ。A.B.C-Zのメンバーもいましたし、Hey! Say! JUMPのメンバーもいたかな。みんな大興奮でしたね」と興奮気味に語り、「めちゃくちゃ直で影響受けました」と続ける。その言葉の通り、戸塚のダンスのいたるところで、その影響が垣間見える。ぜひ、A.B.C-ZのMVを細かい部分まで注意して見てみてほしい。戸塚に注目していると、明らかにマイケルを意識しているようなキャッチーなフリーのポージングが多数見つけられるはずだ。また、以前出演した『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、ハットとサングラスを身につけ「ポーゥ! マイケル・ジャクソンですね」とお気に入りのサングラスをご機嫌に紹介したことも。パフォーマンス面だけでなく、ファッションにおいてもマイケルの影響を受けているのが分かる。

 また、戸塚だけでなくA.B.C-Z全員がマイケルに何かと縁がある。番組内でも語られたようにマイケルの振付師だったトラヴィス・ペインが曲の振付をしたり、メンバーの五関晃一がダンスを褒められたり、同じくマイケルの振付師であるヴィンセント・パターソンからダンスを教わったり……。2015年に放送された『ABChanZOO』(テレビ東京系)でも、「A.B.C-Z全員がマイケルの影響を受けているのでは?」と感じたことがあった。マダム・タッソー東京でクイズを行なった際、「展示されているマイケル・ジャクソンはどんなポーズ?」という出題があった。「Black Or White」のポーズ、とヒントが出されると細かなディテールは異なるものの、全員がほぼ同じポーズを回答。普段からマイケルに触れていることが顕になった瞬間であった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!