FUKIが新曲「オリオン」を通して見つけた、“自分らしい歌”

FUKIが新曲「オリオン」を通して見つけた、“自分らしい歌”

 恋愛にまつわる記念日を毎月ピックアップし、そこに寄り添ったラブソングを12カ月連続で配信リリースしていくという、女性アーティスト初となるプロジェクト「12 Sweet Stories」を展開中のFUKI。第5弾となる「オリオン」は、“告白デー”にインスパイアを受けて制作した楽曲で、9月17日に配信リリースされた。今回のインタビューでは、「オリオン」のレコーディングで気づいた自身の歌の特徴などの制作の話を軸に、この夏の思い出、夏の終わりに聴きたい曲など豊富な話題を語ってもらった。(編集部)

自分の中で変わってきたところがある 

ーー今年のFUKIさんはどんな夏を過ごしましたか?

FUKI:これまでの人生の中で一番海に行かなかった夏でしたね。長い梅雨が明けたと思ったら、ものすごいスピードで終わっていった気がします。夏前にはいろいろプライベートの計画を立ててたんですよ。ビアガーデンには絶対行こう、キャンプでBBQしよう、今年は海だけじゃなく川にも行くぞ、みたいな感じで。でも結局、ほとんどクリアできずで(笑)。

ーー「12 Sweet Stories」プロジェクトが進行中ですからね。忙しかったでしょうし。

FUKI:そうなんですよね。楽曲制作とかレコーディングがいっぱいあって。お盆にちょっとだけお休みをいただけたんですけけど、今年は「体力を温存しとこう」みたいな感じになってしまったという(笑)。今までだったら休みがあればすぐさま海に行ってたんですけどね。でも音楽活動が充実してるのはすごくありがたいことなので。

ーー事前に立てた計画で実現できたものもあったんですか?

FUKI:海には1回だけ行きました。ほんとはちょっと遠出して伊豆の方まで行きたかったんですけど、時間がなかったのでいつもの逗子に。あと、フェスに行くという計画も実現しました。サマソニ(『SUMMER SONIC 2019』)の東京1日目に行ったんですけど。

ーー台風の影響でBEACH STAGEのライブは中止されましたよね。

FUKI:そうなんです! 私はBEACH STAGEが大好きで、そこでHYさんと秦基博さんを観るのを楽しみにしてたんですよ。でもあえなくキャンセルになってしまって、来た意味……みたいな(笑)。SNOW PATROLとかリタ・オラ、The 1975が観れたのは良かったんですけど、ちょっと悔しさは残っちゃいましたね。

ーー今年はFUKIさんもいくつかイベントに参加されていましたよね。

FUKI:8月に海でのライブが2回くらいありましたね。広い海を眺めながら歌うのはやっぱり気持ちいいなって思いました。素に戻れるような感覚になれるのも楽しいし。1本はデビュー前からお世話になってるOTODAMA(『音霊OTODAMA SEA STUDIO 2019』)だったんですけど、私が出る日は朝から強風で雨がザーザーだったんですよ。でもたくさんの方が観に来てくださっていたのですごくうれしかったですね。今年も出れて良かった(笑)。

ーー忙しい中、それぞれの活動をすごく楽しんでいるようですよね。ブログには、昔よりもよく笑っている、楽しいと書かれていましたし。

FUKI:確かにそうなんですよ。なんか最近、人生が楽しくなりました(笑)。

ーーって言われると、これまではどうだったんだって思っちゃいますけど(笑)。

FUKI:あははは。そうですよね、それはヤバい(笑)。私は元々ネガティブで心配性なんですけど、最近はすごく前向きになってきてるってことなんですよね。「12 Sweet Stories」をスタートさせたことも影響しているとは思うんだけど、今はほんとに人生が楽しい。そう思えたのは保育園時代ぶりですよ(笑)。だいぶ久しぶりの人生楽しい時期です。

ーーそうなれた理由ってなんだと思います?

FUKI:人とよくコミュニケーションを取るようになったからだと思います。Twitterとかラジオ、あとは週1でやってるLINE LIVEとかでファンのみんなの声を聞いたり、直接やり取りしたりすることで、ちょっと自分の中で変わってきたところがあって。元々は人見知りだし、知らない人としゃべることは基本苦手なんですよ。でも今はそれが逆にパワーになっているというか。ほんとに楽しいんですよね。これはシンガーとしてはもちろん、1人の人間としてもすごく大きな変化だと思っております。

ーーその変化は今後、楽曲にも影響を与えることがあるのかもしれないですよね。

FUKI:そうかもしれないですね。今までは基本的に自分の中だけで作っていたけど、いろんな人とのコミュニケーションを受けて世界が広がっていきそうな感じはします。

ーーでは、新曲のお話を。12カ月連続配信リリースの第5弾となる「オリオン」。今回は9月17日の“告白デー”にインスパイアされた楽曲ですね。

FUKI:“告白デー”は韓国で制定された記念日なんですけど、この日に告白して付き合ったカップルは、12月25日のクリスマスに100日目を迎えることができるんですよ。私はあんまり“〇〇記念日”みたいなことを意識しないけど(笑)、これはちょっと素敵かなって思いますね。だから今、片想いしてる人はぜひこの「オリオン」をもって告白してほしいなって思います。

ーー楽曲制作はいかがでしたか? 4曲作ったけどOKが出なかったからもう1曲作らなきゃいけない、と前回のインタビュー時に話していましたが。

FUKI:けっこういろんなテイストのものを4曲作ったんですけど、「ちょっと“告白デー”には合わないかもね」っていうことになって。まあでもそれはまた別のタイミングに出すこともできると思ったから、前回のインタビューの後にすぐ新たな曲の制作に取り掛かって。そこはすごくポジティブな気持ちで向き合えましたね。

ーー歌詞では、好きな人に対してまだ伝えられていない胸の内の思いが切なく綴られています。

FUKI:最初はもうちょっと明るい、ハッピーな告白ソングにしようと思っていたんですよ。でもリリース日が夏の終わりのタイミングだから、寂しさや切なさを表現したほうがいいかもねっていうことになって。結果、言いたいけど言えない心の中の気持ちをせつなく書いていくことにしました。今回は、告白というテーマはもちろん、季節感をけっこう意識したところはありましたね。

ーー作詞の方向性が固まってからはスムーズに進みました?

FUKI:うん、そうですね。具体的なシチュエーションの描写をふんだんに盛り込んだAメロBメロはさらさら書けて。で、サビに関してはメロもそんなに難しい感じではないから、歌詞でもわかりやすい言葉を使うことを意識しました。あえてオーソドックスな言葉選び、表現をすることで聴いてくれる人の耳にも残りやすいと思ったし、AメロBメロとの差もつけられるんじゃないかなって。その狙いの効果なのか、ラジオでオンエアしたときに今までで一番反響が多かったんですよね。それがうれしかったです。

FUKI – オリオン (Music Video)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!