『オオカミちゃん』で話題 Rude-α、「It’s only love」から感じるシンガーとしてのポテンシャル

『オオカミちゃん』で話題 Rude-α、「It’s only love」から感じるシンガーとしてのポテンシャル

 きっとRude-αは新たなポップスターになるに違いない。AbemaTVの恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない♡』(以下、『オオカミちゃん』)にも出演中の彼は、その素直で愛くるしいキャラクターでティーンを中心に幅広い層から注目を集めている。5月8日に配信された「wonder」はストリーミング再生回数が120万回を突破。さらに新曲「It’s only love」(9月23日配信)は、LINE MUSICでリアルタイムチャートでは自身最高位の2位を記録した(デイリーでは7位)。元々次世代を担うラッパーとして、コアな音楽ファンにも期待されている存在でもあったが、同番組の出演を機により幅広い層から支持されるアーティストへと飛躍している。

Rude-α 『wonder』

 現在22歳の沖縄出身アーティストであるRude-α。高校2年生でラップを始めた彼は、翌年『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』に出場し準優勝。一躍脚光を浴びた。そして何より興味深いのはその活動スタイルだ。DALLJUB STEP CLUBのドラマーGOTOとのコラボ楽曲「19」ではドラムとラップのみの編成に挑み、2017年にはバンド編成でのライブツアーを開催。さらに自主企画『TEEDA』ではCreepy Nuts、韻シスト、SPiCYSOL、Anly、AFRO PARKER、ゆるふわギャング、LUCKY TAPES、踊Foot Works、DATS、SUSHIBOYS、Michael Kanekoなどボーダーレスにミュージシャンと対バン。そのライブスタイルや共演アーティストの選定からは、ジャンルに囚われることなく様々な音楽性を楽曲に消化しようとする気概を感じるのだ。

Rude-α feat. GOTO (DALLJUB STEP CLUB) 「19」

 メジャーデビューEP『22』ではミクスチャーロックからアーバンメロウな楽曲まで多彩な音楽性を聴かせており、これまでの活動スタイルがそのままアウトプットされたかのようだ。同時に一貫して“歌”にも重点を置かれているのも印象的。例えば「世界は僕を置いて朝になる」のサビでは、〈あの日の空の青が/僕には痛かった/消えない 傷も孤独も/いっそ愛してやろう〉というフレーズがソウルフルに歌い上げられ切なく響いてくる。こうして文字に起こしただけでは、彼自身のことを歌っているように思えるかもしれない。しかし実際に聴いてみれば、リスナーの隣に寄り添うような楽曲に聴こえてくることだろう。それは、安心感を与えてくれるような優しくて力強い彼の歌声によって、言葉が真っ直ぐに届いてくるからだ。こうした万人に寄り添うようなメッセージ性や様々な音楽性を踏襲しようとする姿勢からは、彼がJ-POPというジャンルレスな場所で勝負しようとする心意気も感じられた。

Rude-α 『22』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる