>  >  > King & Prince、クリスマスケーキに自信

King & Prince、初プロデュースのクリスマスケーキに自信 平野紫耀「完璧でございます!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 King & Princeの5名(平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太)が9月19日、「セブン-イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会」に11月1日よりオンエア予定のTVCMでも着用している、クリスマス感溢れる衣装で登場。彼らがプロデュースした「苺のかまくらショートケーキ」「イタリア栗の濃厚モンブラン」を披露した。

 クリスマスの思い出について問われ、神宮寺は「小型犬」、永瀬は「ギョウザパーティー」、平野は「変身ベルト」、岸は「生き物図鑑」、髙橋は「サンタさん」とそれぞれ回答。平野は「変身ベルトへの憧れがすごくて。弟と一緒に5年くらい連続でお願いしていた」と笑い、「変身ベルトをもらって、翌日戦って壊れる。その度に親にテープとかボンドで修理してもらっていた。2人ともヒーロー同士でひたすら必殺技の決め合いをして、勝負がつかないので最終的には人間味のある右ストレートとかになっていた」と振り返る。髙橋は「サンタさんに『ロサンゼルスで作ってもらった、君モデルの特注品』って英語の手紙付きのグローブをもらって友人に自慢していたら、おもちゃ屋さんで同じグローブを見つけた」と切ない思い出を語り、「サンタさん、嘘をつくのだけはやめてほしい。今のキッズたちはいい子にしていたら、サンタさんは嘘つかないと思います。いい子に過ごしましょう!」と呼びかける。

 今回、初めてクリスマスケーキのプロデュースを手がけた5人。コンセプトは「ケーキ界のKing & Prince」だそう。そんなKing=「苺のかまくらショートケーキ」とPrince=「イタリア栗の濃厚モンブラン」を5人で仕上げし、披露した。「苺のかまくらショートケーキ」はクリスマス感を出すべくホイップクリームで積もった雪を表現し、平野曰く「イケメンな見た目、優しさが詰まった味、完璧でございます!」とのこと。平野が「ちっちゃい子から、大人の方まで楽しんでもらえる」、永瀬が「間違いない。僕達のいい子供ができました」と言えば、“国民的彼氏”神宮寺は「ショートケーキなので、女性はここら辺(口の横)にホイップをつけて『あ、クリームついてるよ』ってくだりを一度やったらいいのでは。ピッって取って、パックンチョするやつ」と甘くアピールする。

 一方「イタリア栗の濃厚モンブラン」は粉雪をイメージしたクリームが乗っており、栗の美味しさが詰まった一品だ。モンブランが大好きだという髙橋は「ベストオブモンブランといっても過言ではない。ムース、ピューレ、外側もモンブランですし、モンブラン三昧。栗好きからしたら至極そのもの」と絶賛。岸は「何より栗の味がリアルすぎて……360度栗を感じられる」と不思議な表現をし、メンバー達から「栗だから!」と突っ込まれていた。

 King & Princeが初プロデュースしたケーキ2種を含むクリスマスメニューの予約は、9月23日より開始される。

(取材・文=たつき あつこ)

「King & Prince、初プロデュースのクリスマスケーキに自信 平野紫耀「完璧でございます!」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版