>  >  > ポルノグラフィティ、20年凝縮したドーム公演

ポルノグラフィティ、20年を凝縮した東京ドーム公演 “祝祭”にふさわしいステージに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 〈僕らの生まれてくる ずっとずっと前にはもう アポロ11号は月に行ったっていうのに〉と歌い出す「アポロ」がリリースされてから20年。9月8日にメジャーデビュー20年を迎えたポルノグラフィティが、『20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ’19 ~神vs神~”』を、7日・8日の両日に渡って東京ドームで開催した。同会場でのワンマンは10年ぶりとなり、2日間ソールドアウトで、のべ10万人が集結。当記事では2日目の8日を中心にリポートする。

 華々しいファンファーレが流れると、アリーナ中央のセンターステージにメンバー2人が登場。怒涛のような歓声が起きるなか、アッパーな「プッシュプレイ」で会場のテンションを一気に上昇させる。「20周年、魂の叫びを聞かせてくれ!」とボーカルの岡野昭仁が「Mugen」のイントロでコーラスを煽ると、見事なまでに揃った歌声と手振りがステージと呼応する。「THE DAY」では岡野の声がリズムに乗って弾丸のように降り注ぎ、ギターの新藤晴一はフライングVタイプのギターを高らかに掲げてうならせる。「今日は全部を出し尽くすよね? バカ騒ぎして帰りましょう!」と岡野が呼びかけると、「すごいよ東京ドーム。お客さんの声がデカすぎて、(耳の)モニター(のボリューム)が決めれんかった。そんなこと無いんよ!」と、新藤は歓声のボリュームに驚きを隠せない。

 「僕らの始まりは、この人がいないと成り立たない。スペシャルゲスト!」と岡野の呼び込みで、ポルノグラフィティをデビュー前から支えていたプロデューサーの本間昭光が登場。本間がグランドピアノの前に座ると、スペシャルメドレーがスタート。「ミュージック・アワー」を歌いながら岡野は本間に抱きついて歓迎し、サビでは「変な踊り行くよ!」を合図に、恒例の“タテタテ・ヨコヨコ”の手振りが会場中を埋め尽くす。続いて「マシンガントーク」「ヴォイス」「狼」と、初期のヒット曲を連投。一息ついて本間との思い出トークとなり、初日は本間から、デビュー曲「アポロ」が1stアルバム『ロマンチスト・エゴイスト』の最後に作られ、この曲が生まれなければ「ヒトリノ夜」がデビュー曲の予定だったという秘話が。2日目は、岡野よりポルノグラフィティの第一印象を問われ、「華はあった」としつつ、針金入りのスカーフをしていた岡野のファッションセンスに疑問を呈し、会場は爆笑。そんな原点を確かめるように、岡野の歌、新藤のギター、本間のピアノだけで「アポロ」を1コーラス披露、2コーラス目からはサポートメンバーも加わり、ヒートアップした大サビで金テープが乱舞。本間がステージを去った後の「Twilight,トワイライト」では鳴き声を上げるような新藤のギターと光が幻想的に絡み合い、ドームがひとつの銀河を成しているかのようだった。

 リバーヴたっぷりに「Theme of “74ers”」のギターに乗せて過去の映像が流れ、小鳥のさえずりが響くと、岡野の弾き語りパートへ。センターステージでアコギを抱えながら、「メロディが浮かんできて“これイケるんじゃないか”という思いから始まり、楽器もアレンジも全てのイメージが合致した曲」と紹介し、「瞳の奥をのぞかせて」を歌いだす。そこへ、デビューから長らくサポートメンバーだったバイオリニストのNAOTOが登場! 2つの弦の音に艶やかな歌声が重なり、一気に豊潤な空間へといざなう。一方新藤は、自身がボーカルを執る「ウェンディの薄い文字」をメインステージで弾き語りし、温かな雰囲気を醸し出した。

 ステージ全体に明かりが灯ると、NAOTO率いる総勢12人のストリングスが後方へズラリ。「リンク」「サウダージ」「ブレス」と、豪華なスペシャルアレンジに会場は歓喜。特に“幸せソング”として人気の高い「愛が呼ぶほうへ」は、より壮大さをまとった幸福感に溢れていた。なお初日の同パートでは、「渦」「俺たちのセレブレーション」「ジレンマ」などを、8名のホーンセクションのFIRE HORNSを迎えてハイテンションに展開。アッパーな初日と重厚な2日目という、祝祭にふさわしい特別ステージとなった。「この曲を出して新機軸が生まれた」(岡野)という「Zombies are standing out」では、ステージ前方に炎があがり、絶唱する岡野の声と、腹に響く新藤のギターリフが身体を蝕むように攻めてくる。ミディアムテンポの「サボテン」で冷却したかと思うと、再びストリングスと共に「ヒトリノ夜」「瞬く星の下で」と畳みかける。新藤が煽り気味に「ハネウマライダー」のイントロを鳴らし、岡野がツアータオルを頭上に掲げると、客席には色とりどりの新旧ツアータオルの花が咲く。まさにバイクで風を切るように5万人が回すタオルで風が起きていた。その一体感を手拍子へ引き継ぎ、最大のヒット曲「アゲハ蝶」へ。5万人のコーラスがドームに大音量で響いていたとき、新藤が感慨深げに客席を見渡していたのが印象的だった。

 「ポルノグラフィティと名乗り、活動を始めたのは25年前。とにかく音を出すのが楽しかった」と、岡野はバンドの成り立ちを思い返し、「駆け出しの僕らには想像もできんかった場所に、今立っています。みんながポルノグラフィティを連れてきてくれた。20年で一番素晴らしい景色を見せてくれてありがとう!」とファンへ感謝を述べた。ピアノイントロが高らかに響き、最新曲「VS」の歌詞が歌と共にスクリーンへ浮かび上がる。〈あの少年よ こっちも戦ってんだよ〉という歌詞と対を成すように、ラストに冒頭で披露した曲「プッシュプレイ」の〈あのロッカー まだ闘ってっかな?〉のフレーズが歌い足され、「VS」を完結。鳴りやまない拍手と歓声のなか、2人はステージを後にした。

      

「ポルノグラフィティ、20年を凝縮した東京ドーム公演 “祝祭”にふさわしいステージに」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版