Base Ball Bearに聞く、バンド力学 スリーピースで立ち返るサウンドの原点とこれから

Base Ball Bearに聞く、バンド力学 スリーピースで立ち返るサウンドの原点とこれから

フィジカル作品にはあって、サブスクなどのデータにはないもの

――改めてプレイヤーとしての評価も聴ければと思うんですけれども。小出さんとしては、関根さんのベースと堀之内さんのドラムは、スリーピースになったことでどう魅力を増幅してきた、どう変わってきたと考えていますか。

小出:単純に2人ともアレンジ力がついたんじゃないですかね。僕がやりたいことに対して2人が考えてくることもそうだし、たとえば堀之内さんはリズムのすごく細かいところに気付くようになって、それがグルーヴの強度をさらに増す。そういうことが増えたなって思います。

――関根さんのベースはどうでしょう?

小出:ベースはもう最初のフレージングで勝ってる。逆にそれを封印したのが「Summer Melt」みたいなタイトな曲調で。これはどちらかと言えば海外のトレンドを意識しながら作った曲ですね。淡々としてるんだけど最後のサビだけ展開するとか。

――関根さん、堀之内さんから小出さんについて。Base Ball Bearの曲って、楽器はもちろんですけれど、歌がグルーヴにとってすごく大事だと思うんです。バンドサウンドがあってその上に歌があるというよりは、歌がグルーヴの大事なキーを握っているように見えるんですけれど。それを踏まえて、二人から見た小出さんはどう見えていますか?

関根:やっぱり歌のリズムって個性だと思うんですよ。同じ歌を歌っても、人によってリズムが全然違う。それは本当によく感じることで。こいちゃんは自分の歌い方と自分の歌のリズムを持っている人になったんだっていうのはよく思います。若い時はいろんな人の影響があったりしたと思うけれど、今はもうこいちゃんの歌い方がある。そういうボーカリストなんじゃないかなと私は思っています。

堀之内大介(Dr/Cho)

堀之内:今はリズムから作っている曲が多いので、メロディから作っていたら歌のメロディにアクセントを合わせたりするんですけれど、どういう歌が乗ってこようが、絶対的信頼を持てる。それでも歌とリズムのニュアンスが崩れないっていうのが持ち味なのかなと最近のやり方になってなおさら思います。

――それを踏まえて小出さんに聞きたいんですが、マテリアルクラブもやっているので、世界的にも日本語の表現としても、ラップ以降の歌のフロウというものがすごく重要になっているのを実感していると思うんです。若い世代がどんどん自由な発想で言葉を音符に当てはめている。

小出:ですね。

――そこに小出さんに自身も刺激を受けているし、そこのスキルも持っていると思うんですね。音符の上に言葉をどう置くかということについて、もっと新しいことができるとも思うんですけれども。そのあたりについてはどう思いますか?

小出:僕の場合は、今の若い子のアクセントの置き方とか音符の持っていきかたっていうのが、フレッシュだなって思いつつ、トリッキーとも感じてるんですよ。それは僕が、日本の歌謡とかJ-POPにおける日本語の置き方とメロディの関係性が土台にある人間だから、そう感じてしまうのかもしれない。言葉の置き方が新鮮に感じるのは、先に音を取ってるからだと思うんですね。たとえばトラップの跳ねるような音の置き方って、英語っぽい発音、韓国語っぽい発音に日本語を当て込んでるようなところがある。今の若い子たちはニュートラルに「こういうものだから」と、やれてると思うんです。でも、僕がそれをやると流行の物をわざとやっている感じになる。おじさんがスベってる感じが出てしまうかもしれない。だから僕はあえてやらないんです。マテリアルクラブでもトラップはあえてやらずに、90年代の日本語ラップみたいな硬い韻を踏んでいる。というのはそこに理由があるんです。

――なるほど。

小出:お洒落には聴こえると思いますけどね。こういう硬いロックバンド編成でそういう歌い方がやれたら何かの化学反応はあるかもしれない。今、そういうことを先にやっているのはUSとかUKというより韓国のグループという感じがしますね。ただ、日本語でやるのはなかなかしっくりこない。

――そこまでの感覚とアンテナを持って日本語でBase Ball Bear がタイトでソリッドなスリーピースバンドでやってる以上、カチっとしたリズムにメロディを乗せて歌っていくのが正解だと。

小出:そうですね。2019年の9月現在の提案はこうだという感じですね。

――ちなみに、もうひとつ。この作品は配信でリリースされたうえで、ライブ会場限定でCDが発売されるわけですが。このあたりはどういう考え方なんでしょうか。

小出: 根っこは、楽曲というものはアーティストにとって大事な財産だという話なんですよね。アーティストやレーベルは今後もっと楽曲を大事にして、大事にお客さんに届けることを考えないといけない。そうしないと、無料で聴かれるだけで流されて、消耗されちゃう。いまは、音楽の聴き方にいろんな選択肢ができて、マーケットが変わってきて。届け方も、楽曲をどう伝えて、どう売っていくかということも昔と同じじゃ通用しない。沢山聴いてもらいたいからYouTubeにフルでMVをアップする一方で、フィジカルは大切に売る。そういう考え方を同時に持っておかないといけないなって。

――これってZINEみたいなものだと思うんです。ZINEって写真とエッセイとかコラムとかインタビューとかを載せた同人誌みたいなものですけれど。たとえ同じ文章だとしても、Twitterで流れてくるものを見るのと、ちゃんとデザインしたものをクローズドな場所で買って手にとるのは、全然別の体験ですよね。

小出:全然違いますね。

――CDを買うって、そういうことになっていくんじゃないかなって思うんです。

小出:そうですね。いま、柴さんがさらっと言ったんですけど、“体験”っていうのがすごく大事で。以前は「CDを買う」という体験は、ただの「購入」だった。でも、ただの「購入」はもう高いんですよ。それに3,000円は払えないなという感覚の人は多いと思います。音楽を聴くために必要な単価が、下がってるわけですから。だけど、これが「体験」になると、捉え方も変わってくる。

僕らの今回の提案は、ライブとCDの購入がセットになることが大切で。CDなどフィジカルにはあって、サブスクなどのデータにはないものは、「愛着」じゃないかなと。ケースがボロボロになるくらい聴いたCDには曲にもアルバムにも愛着はありますけど、「この曲いっぱい聴いたな~」とデータに愛着を持つというのはあまりないと思うんですね。それこそがフィジカルが持つ可能性だろうと。僕らはお客さんの記憶に残るライブ体験を提供しなきゃいけないというハードルはあるんですけど、そういう体験と、CDを購入した体験を一緒に持って帰ってもらうことで、フィジカルである意味を感じてもらえたらなと思ってます。「あの日のライブで買ったな~」とかいつか思い出したりとかしてくれたら嬉しいですよね。こういう提案をどれだけできるのかという勝負にもなっていくんじゃないかなと思ってますね。

(取材・文=柴那典)

Base Ball Bear EP『Grape』

■配信情報
Base Ball Bear EP『Grape』
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサイトにて2019年9月4日(水)より配信開始
※対応ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music
配信はこちら

<収録内容>
1.いまは僕の目を見て 
2.セプテンバー・ステップス (日本テレビ系「バゲット」9月エンディングテーマ)
3.Summer Melt
4.Grape Juice

■リリース情報
Base Ball Bear EP『Grape』
発売:9月15日(日) ※ライブ会場限定販売
商品形態:CD+DVD 
価格:¥3,500(税抜)
収録内容:
DISC1(CD)『Grape EP』
1.いまは僕の目を見て 
2.セプテンバー・ステップス (日本テレビ系「バゲット」9月エンディングテーマ)
3.Summer Melt
4.Grape Juice

DISC2(DVD) 『LIVE IN LIVE~17才から17年やってますツアー~〈OFFICIAL BOOTLEG VIDEO〉』
1. 17才
2. 試される
3. Flame
4. Transfer Girl
5. FUTATSU NO SEKAI
6. PARK
7. ポラリス
8. 星がほしい
9. 青い春.虚無
10. The Cut
11. 祭りのあと

発売元:DGP RECORDS / VICTOR ENTERTAINMENT

■ツアー情報
『Base Ball Bear 「Guitar! Drum! Bass! Tour~日比谷ノンフィクションⅧ~』
9月15日(日)東京都 日比谷野外大音楽堂
開場17:00/開演18:00
主催:ディスクガレージ
企画:制作:ソニー・ミュージックアーティスツ
協力:DGP RECORDS 
料金:指定席 4,800円(税込、D代無し)
スタンディング 4,500円(税込、D代無し)
備考:3歳以上チケット必要
問い合わせ先:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
チケット一般発売日:7月27日(土)10:00〜

『Base Ball Bear 「Guitar! Drum! Bass! Tour』
9月28日(土)香川県 高松DIME
開場16:30/開演17:00
9月29日(日)愛媛県 松山サロンキティ
開場16:30/開演17:00
10月12日(土)長崎県 長崎DRUM Be-7
開場16:30/開演17:00
10月13日(日)熊本県 熊本B.9 V2
開場16:30/開演17:00
10月19日(土)大阪府 なんばHatch
開場16:00/開演17:00
10月26日(土)長野県 松本Sound Hall a,C
開場16:30/開演17:00
10月27日(日)新潟県 新潟・studio NEXS
開場16:30/開演17:00
11月4日(月)神奈川県 横浜BAYHALL
開場16:15/開演17:00
11月9日(土)山口県 LIVE rise SHUNAN
開場16:30/開演17:00
11月10日(日)島根県 松江 AZTiC canova
開場16:30/開演17:00
11月21日(木)宮城県 仙台darwin
開場18:30/開演19:00
11月23日(土)青森県 青森Quarter
開場16:30/開演17:00
11月29日(金)千葉県 千葉LOOK
開場18:30/開演19:00
12月1日(日)山梨県 甲府CONVICTION
開場16:30/開演17:00
12月7日(土)北海道 函館 club COCOA
開場16:30/開演17:00
12月8日(日)北海道 札幌cube garden
開場16:30/開演17:00
12月15日(日)愛知県 名古屋 DIAMOND HALL
開場16:00/開演17:00
12月21日(土)福岡県 小倉FUSE
開場16:30/開演17:00
12月22日(日)広島県 広島CAVE-BE
開場16:30/開演17:00

企画:制作:ソニー・ミュージックアーティスツ
協力:DGP RECORDS 
料金:スタンディング 4,700円(税込、1D代別)
備考:3歳以上チケット必要
チケット一般発売日:9月28日(土)香川公演~10月27日(日)新潟公演
→2019年7月27日(土)10:00より販売開始
11月4日(月)神奈川公演~12月22日(日)広島公演
→2019年9月7日(土)10:00より販売開始

OFFICIAL SITE

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる