BTS RM、MONSTA X ジュホン、SF9 ジュホ……高いラップスキル持つK-POPメンバー

ジュホ(SF9)

[MV] SF9(에스에프나인) _ ROAR(부르릉)

 2016年にFNCエンターテインメントが初めて手がけたボーイズダンスグループとしてデビューをしたSF9には4人のラッパー(ヨンビン、ジュホ、フィヨン、チャニ)がいる。その4人をまとめている存在が、ジュホだ。彼はSF9のラップメイキングを中心に行っているが、最近では作詞作曲、プロデュースも担当している。同じ事務所の先輩・FTISLANDのイ・ホンギのソロにフィーチャリングとして参加したのも記憶に新しい。

 彼の低音で体に響く声から生み出されるラップは、SF9のポップな楽曲に乗ると違った色を加え、他にはないオリジナリティを見せてくれる。SF9というグループの中で、パート割は少なくても、彼のラップの存在感は大きい。

SF9 – Life Is So Beautiful [We K-Pop / 2019.07.19]

 以前、ジュホは「SF9というジャンルの音楽を作りたい」と話していたが、彼が作詞、作曲、編曲に参加したというSF9の「Life Is So Beautiful」は、一緒に歌いたくなるポップロックチューンだ。今後、彼がSF9の楽曲をどう彩っていくのか、期待したい。

 今やK-POPグループの音楽にラップは欠かせない。ラップメイキングはラップを担当するメンバーが行うことが多く、一曲の中で自分という存在感をアピールできる部分だ。彼らが紡ぎだす歌詞の中には、強いメッセージを感じさせることもある。今後もどんな逸材が飛び出してくるのか、楽しみでならない。

■西門香央里
東京在住のフォトライター。K-POP、韓国トレンド、旅行、グルメ、カルチャーなどを中心にWebメディアなどで活動中。年3~4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。いつまでも年齢不詳でありたい通年おかっぱの人。座右の銘は「努力は裏切らない」。
寄稿媒体:いまトピ、エキサイト、TABIZINE、SHELBEE…等

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!