CrazyBoyが語る、LDH流のヒップホップ 「ラッパーとダンサーがリスペクトし合える環境が理想」

CrazyBoyが語る、LDH流のヒップホップ 「ラッパーとダンサーがリスペクトし合える環境が理想」

目指すべき「NEO TOKYO」とは?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーーELLYさんがCrazyBoyとして活動を開始したことで、LDHにも新たな風が吹いたと感じています。自身ではどう捉えていますか?

CrazyBoy:パフォーマーでありながら、自らラップもやるというスタイルのアーティストは、MAKIDAIさんやÜSAさんたちのRATHER UNIQUE以降、LDHにはいなかったので、良い前例を作ることができたと思います。三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーがラップをやるというのは、世の中の人たちだけではなく、LDHの人たちも驚いていたはずです。でも、今ではTHE RAMPAGEのパフォーマーやBALLISTIK BOYZのメンバーも普通にラップをしていて、LDHアーティストの新しいスタイルとしてちゃんと根付いたのかなと。自分が動いたことで、新しいスタイルが生まれたのは、まさにCrazyBoyのコンセプトである「NEO TOKYO」そのものです。「NEO TOKYO」は“守られた無法地帯”であって、“未来を創造していく場”なんです。

ーー日本語ラップのシーンから見ても、CrazyBoyは刺激的なアーティストだったと思います。

CrazyBoy:三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーがラップをするというので、当初は違和感を覚える人も多かったかもしれません。ただ、自分がANARCHYさんやDABOさん、Mighty Crownといったヒップホップやレゲエシーンの大先輩とフィーチャリングさせていただいているのは、デビュー前にクラブで踊っていたストリート上がりであることを知ってくれているからです。昔は今よりも、いわゆる日本語ラップとヒップホップダンスのシーンは近くて、ダンサーのショーケースがメインになるようなイベントもたくさんありました。日本語ラップが確立されるまでは、ダンサーやDJの方がシーンを牽引していたと言っても良いかもしれません。今のヒップホップシーンだけを見ていると、日本語ラップのシーンとダンスのシーンは別物に感じるかもしれませんが、もともとは全部ヒップホップというカルチャーなので、一緒にやることは何も不自然ではないと思います。三代目 J SOUL BROTHERSにはアイドル性もあるから、そのイメージが強いのは当然だと思いますが、どう思われても自分は自分であって、ヒップホップが根底にあるのは間違いありません。だから、あえてアピールする必要はないと思っているし、日本語ラップシーンのアーティストとも実際に会えば、バイブスだけで十分伝わると思っています。

ーー日本語ラップとダンスのシーンがつながると、日本のヒップホップはさらに盛り上がりそうです。

CrazyBoy:三代目 J SOUL BROTHERSとして日本のポップミュージックに貢献していきたいという気持ちがあるのと同じように、ヒップホップシーンにも貢献していきたいと考えています。ラッパーとダンサーがお互いにリスペクトし合える環境が自分にとっての理想で、それもまた目指すべき「NEO TOKYO」なのかなと。メジャーとアンダーグラウンド、ラップとダンス、あらゆるシーンの壁を超えて力を合わせることで、世界にインパクトを与えることができるアーティストになっていきたいです。

(取材・文=松田広宣/写真=富田一也)

■リリース情報
CrazyBoy
Digital Single「PINK DIAMOND」
2019年8月23日(水)リリース
詳細はこちら

■関連リンク
CrazyBoy Official Twitter
CrazyBoy Official Instagram

サイン入りチェキプレゼント

CrazyBoy from 三代目 J SOUL BROTHERSのサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

 リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2019年9月6日(金)まで

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる