木村カエラが表す、ありのままの“今”の姿 『いちご』に詰まった積極的なクリエイティブと15年

木村カエラが表す、ありのままの“今”の姿 『いちご』に詰まった積極的なクリエイティブと15年

 木村カエラが7月24日放送の『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)に出演する。今年で15周年を迎える彼女は、「1」と「5」から名付けられたアルバム『いちご』を、7月31日にリリースする。彼女は10周年以降の5年間、デビュー当時から一緒にやってきたバンドメンバーの元を離れるという「修行」の日々を送ってきた。だからこそこの5年間を総括するように、本作はベストアルバムではなく、収録曲全てが新曲であり、新たな試みに溢れている。

 まず楽曲面では、コラボレーションが実に豪華だ。上の世代から下の世代まで、幅広い才能に声をかけた。上の世代としては、Charaが2曲を提供。これについてCharaは、「お日様とお月様のような対極な2曲を彼女は選んでくれました」とのコメントを寄せている。(参考)「曖昧 me」はアップテンポなメロディに木村らしい言葉遣いがぴったりの楽曲。〈アレは敵か?味方?〉、〈あの嫌味 でかく愛していこ〉と吐き出すように歌われる歌詞が軽快なギターサウンドと相俟っており、Charaのコメントで言うところの“お日様”にあたる曲だろう。しっとりと歌われる〈愛してる〉の言葉が印象的な「ミモザ」では、“お月様”というイメージが重なる。まるで木村カエラがベッドルームで歌っているような一曲だ。それゆえに素朴だが言葉がしっかりと響き、ストレートな想いが感じられる。

 「Continue」はあいみょんが作詞作曲をした、ノスタルジックな一曲だ。歌謡曲が持ち合わせていたような哀愁や切なさがあいみょんの楽曲のひとつの魅力だと思うが、木村が歌うことでそういった哀愁の中にも未来を感じさせるポジティブな楽曲としての響きを備える。〈苦味の強いコーヒー 甘く仕立ててよもう少し 人生もおんなじ クリーミーにクリーンにしていくの〉と木村が歌えば、あたたかい陽が射してくるような気持ちになれるのだ。また、この歌で衝撃的なのは〈おばさんになったこと〉という歌詞。木村カエラが〈おばさん〉と歌うことはもちろんだが、〈泣けない日が増えたこと〉〈自分より大切なものができたこと〉と自身の今を打ち明けるような歌詞は、15年を刻むという今だからこそ歌えた言葉のように思う。木村カエラの活躍を目にしてきた世代である、あいみょんが引き出した等身大の木村カエラの魅力。素晴らしいコラボ楽曲に仕上がっている。

 木村がラジオで聴いたことがオファーに繋がった、ノルウェーの奇天烈アートロックバンド Pom Pokoからは 「MUSIC ON, WORLD OFF」が提供された。音楽を愛する赤い髪の少女が、洋楽に身体を揺らしているような光景が浮かび、異世界の雰囲気を楽しめる楽曲になっている。シンガーソングライター/トラックメイカーであるAAAMYYY提供の「clione」は浮遊感のあるサウンドで、ロックのイメージの強かったデビュー当時のレパートリーにはない現代的なポップさが魅力だ。その音にクリオネの世界観を描いたという歌詞が乗り、切ないけれど美しい世界観が展開されている。

 渡邊忍提供の「ハイドとシーク」は、木村と初期からタッグを組んでいるだけあり、ライブで盛り上がりそうな一曲。アレンジ面では、「リルラリルハ」のプロデューサーを務めた會田茂一や、ポルノグラフィティへの楽曲提供でもおなじみの本間昭光も本アルバムに参加し、15周年をさらに彩っている。

 ジャケットのアートワークを担当したのは、以前からグッズデザインなどでもコラボしていたとんだ林蘭である。彼女は食べ物を使ったアートワークを得意とし、今回の『いちご』への抜擢はまさに適役だ。とんだ林はコラージュでの表現も得意としているが、今回は木村自身を被写体とし、ミラーを効果的に用いたビジュアルが使用されている。

 15周年を迎えた今も、新しいことに挑戦し、積極的にクリエイティブな姿勢を貫く彼女。アルバムラストを飾る「いちご」は木村が一から作詞作曲を手がけ、15年間で積み上げてきたことが歌われている。息遣いやアコースティックギターをスライドする指の音がそのまま残されているのも、彼女のありのままの姿を象徴しているようだ。本作を通して、全てを取っ払った“今”の木村カエラの姿を感じることができた。そしてそんな自分を、彼女自身が肯定している。15周年に浮き足立つことなく、しっかりと立つ彼女の姿が、とても清々しい。

■深海アオミ
現役医学生・ライター。文系学部卒。一般企業勤務後、医学部医学科に入学。勉強の傍ら、医学からエンタメまで、幅広く執筆中。音楽・ドラマ・お笑いが日々の癒し。医療で身体を、エンタメで心を癒すお手伝いがしたい。Twitter

■リリース情報
『いちご』
発売:2019年7月31日(水)
【初回限定盤】¥3,700(税抜)
※初回限定盤のみ収録
1. Continue (Music Video)
2 カエラのドキドキ☆ドッキリ大作戦
【通常盤】¥3,000(税抜)
〈収録曲〉
01Continue
02セレンディピティ
03BREAKER
04MUSIC ON, WORLD OFF
05曖昧 me
06clione
07ミモザ
08ストレスポンジー
09戦闘的ファンタジー
10ハイドとシーク
11いちご

■ライブ情報
『木村カエラ LIVE 2019 全国「いちご狩り」ツアー』
10月17日(木)北海道 札幌cube garden
10月26日(土)広島CLUB QUATTRO
10月27日(日)福岡 DRUM LOGOS
11月2日(土)東京 Zepp DiverCity
11月6日(水)香川 高松オリーブホール
11月7日(木)愛知 DIAMONDHALL
11月9日(土)大阪 なんばHatch
11月17日(日)宮城 仙台GIGS

オフィシャルサイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!