松岡茉優×Chara、吉岡里帆×あいみょん……アーティストの手腕が光る楽曲提供に注目

 女優の松岡茉優がイメージキャラクターを務めるアパレルブランド『ROPÉ PICNIC』のために書き下ろされた楽曲「星屑コーリング」のMVが、5月7日に公開され話題となっている。この曲は松岡と、松岡がデザインした『ROPÉ PICNIC』のワンピースにインスピレーションを受けたCharaが作詞作曲、そしてプロデュースを担当し、彼女とTENDREが編曲を行なったものだ。

ロペピクニック【⾃由に、変わろ。】MV 「 星屑コーリング produced by Chara 」

 松岡の歌声は、例えば連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK総合)の劇中に登場するアイドルグループ・GMTのメンバー入間しおり役として、あるいは彼女が主演を務めた綿矢りさ原作の映画『勝手にふるえてろ』のミュージカルシーンの中でも披露されていた。が、あくまでも役柄に沿った表現であり、「シンガー松岡茉優」としての魅力を存分に引き出した楽曲というのは今回が初めてといえよう。またCharaにとっても「女優への楽曲提供」というのはこれまでなかった仕事であり、自ら掛け合いコーラスも買って出たという。実娘SUMIREと同世代である松岡へのこの提供曲を、楽しみながら制作したようだ。

 曲調は、柔らかなアコースティックギターの音色と、美しく幻想的なヴィブラフォンによって導かれるメロウなソウル。MVと同時に配信されたメイキングによれば、「声フェチ」であるCharaは松岡の話し声をチェックし、「マイクを通したらきっと可愛くなる」と確信したという。ウィスパーボイスを基調としつつ、曲中にセリフを忍ばせたり、ブレス(息継ぎ)を強調したり、声のアーティキュレーション(ニュアンス)に重きを置いたそのメロディは、透明感あふれる松岡の声にぴったりで、Charaの狙い通り「ゾミゾミした(=鳥肌の立つような)」仕上がりとなった。

 なお、MVではワンピースにコンバースのハイカットスニーカーという着こなしの松岡が、フェンダーテレキャスターを奏でる姿も披露している。

 女優やモデルに楽曲提供することで、そのアーティストが持つ音楽性の特異さに改めて気づかされたり、あるいは別の魅力を発見したりするケースは他にもある。個人的にパッと思いつくのは、大森立嗣監督による吉田修一原作の映画『さよなら渓谷』(2013年)で、椎名林檎が真木よう子に書き下ろした「幸先坂」。「歌手ではない私が歌うなら信頼できる方と」という真木の提案により実現したコラボだが、真木の歌声を活かした椎名の楽曲は、映画の中で鮮烈な印象を放っていた。

真木よう子 – 「 幸先坂 」Music Video Clip(Short ver.)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!