Julia Wuに聞く、「Summertime」カバーへの思いと“シンガー”としての信念

Julia Wuに聞く、「Summertime」カバーへの思いと“シンガー”としての信念

 現在、台湾を中心に活動するR&Bシンガー・Julia Wu。過去、「FLY」のリミックスや「Rendezvous」で向井太一とコラボした彼女が、6月26日からRIRI×KEIJU×小袋成彬による「Summertime」のカバーを配信開始した。今回リアルサウンドでは、台湾にいる彼女とZoomでビデオ電話インタビューを行った。幼少期を中国は上海で過ごし、オーストラリアで育った彼女が歌手を目指すまでや、活動における信念、そして今回のコラボへの思いに至るまでをじっくりと語ってもらった。(編集部)

『X-FACTOR』出演から歌手デビューに至るまで

――まずはバイオグラフィーからお聞きしたいのですが、生まれはオーストラリアですか?

Julia Wu:8歳まで上海にいて、8歳からオーストラリアに移住したの。以来、ずっとオーストラリアで、2年前から台湾で活動してるのよ。

――幼い頃から歌うのが好きだったのですか?

Julia Wu:いいえ、小さい頃はずっとクラシックピアノをやっていたの。だからクラシック一辺倒でシンガーになりたいと思ってもいなかったわ。

――そんなJuliaさんがシンガーを志したのはなぜですか?

Julia Wu:ハイスクール時代に色んなスタイルの音楽を聴くようになったのが大きかったと思う。それまでクラシックしか聴いてなかったんだけど、友達の影響でジャズとかR&Bを聴くようになって、なかでもレディー・ガガにすごく影響を受けたの。ゴージャスなパフォーマンスをみせつつ、ピアノの腕もしっかりしていて、歌もうまくて、彼女の曲の中に色んなスタイルがあるってところにすごく影響を受けたわ。それで自分でもチャレンジしてみたいって徐々に思うようになったのよ。(オーストラリアのオーディション番組)『X-FACTOR AUSTRALIA』に出場したのもチャレンジのひとつね。歌の経験がまったくない状態でのチャレンジだったので、すごく緊張したのを覚えているわ。

――歌の経験がまったくないのにオーディションに出たのですか?

Julia Wu:だから歌詞が飛んじゃったのよ(笑)。大学はボストンのバークリー音楽大学に通っていたんだけど、そこではピアノが専攻だったから、人前で歌う機会がなくて。だから『X-FACTOR』が文字通り人前で歌う初めての機会だったわ。この時ホイットニー・ヒューストンの「I Wanna Dance With Somebody」を歌ったんだけど、曲をアレンジして歌詞を全部覚えるのに2週間くらいしかなくて。それでいきなり本番だったから、そりゃ緊張するわよね(笑)。両親は私がクラシックにいかないっていうのでガッカリしていたけれど、最終的には「あなたがハッピーなのが一番だから、歌いたいならやってみれば」って応援してくれたわ。

――この番組がきっかけで台湾でデビューすることになったのですか?

Julia Wu:『X-FACTOR』は大学3年の時に出たんだけど、それは経験としてやってみようって感じで、誰でもいいからサインして! って感じではなかったわ。実際、それでデビューに至ったわけではないしね。大学2年の頃からアジアのメジャーレーベルとかプロデューサーにEメールを送っていたんだけど、誰も返事をくれなくて、唯一返事をくれたのが当時ソニーにいた今の台湾の担当者だったの。けどいざって時に彼はソニーを辞めてしまっていて。だからデビューさせてくれたのは彼ってわけではないんだけど、最初のやりとりがきっかけで友達付き合いが始まって、たまに一緒に作業をするようになって。そして私が卒業を迎えた時に彼から「本気でやりたいんだったら台北にくれば? デビューしてアルバムを作ってっていう流れは作れるよ」って言われたの。それで卒業後に一旦オーストラリアに戻って家族と話し合ってから台湾に来たのよ。

――オーストラリアで活動するという選択はなかったのですか?

Julia Wu:うーん……。US、UKっていうのがその先にあるとすると、オーストラリアで頑張ってもあまり先に進めるような気がしなかったの。オーストラリアで新しく契約先を探すよりは、すでに培ってきた台湾の担当者との友情を取ったって感じね。

――そして2017年に台湾でデビューされましたが、R&Bを中心に、これまで色んな曲をリリースしてますね。

Julia Wu:そもそも好きで聴いていたのはソウルとかR&Bだけど、台湾にきてからラッパーやEDM系など色んなアーティストとコラボレーションする機会をいただいて。それらは私からするとチャレンジではあったんだけど、デビューしてわずか2年くらいの間で色々なことをやらせてもらって、本当にありがたいなと思ってる。けどこれからは自分が本来やりたかったR&Bがもっと出せたらなと思ってるわ。

――ちなみに、今どんな音楽をよく聴いていますか?

Julia Wu:新しいR&Bをよく聴いているわ。エラ・メイとか、H.E.R.、ダニエル・シーザー、ジョルジャ・スミスとかね。ジョン・メイヤーは昔から好きだし、あとはマライア・キャリーやホイットニーのクラシックもよく聴いてる。R&Bが一番好きだけど、案外ジャンルにはこだわらないかな。

――台湾のR&Bシーンは現在どのような状況なのでしょうか?

Julia Wu:R&B系の歌モノがまた喜ばれるようになってきたかな。ここのところヒップホップ系が優勢だったけど、その流れにのってR&Bの人達がフィーチャーされるような形で人気が出てきたわ。その流れの中に私も入ってるんじゃないかな。あと、台湾の若いリスナーは色んな音楽をオープンに受け入れているように私は感じていて。基本的に台湾の人ってバラードとかゆったりとした曲が好きで、そこにヒップホップの影響が結構強いR&Bってどうなのかなって思ったけど、若い人達はもっと聴きたいって応援してくれてるの。だから若いR&Bアーティストも増えてるような気がしてるわ。

――台湾のオススメR&B/ヒップホップアーティストは? もちろんあなたがオススメ1位だとは思いますが(笑)。

Julia Wu:ふふ、ありがとう(笑)。そうね、まずはØZIっていうラッパーかな。彼は(台湾で最も権威のあるアワード)『ゴールデン・メロディー・アワード(金曲奨)』でベスト・ニュー・アーティストを受賞したのよ。あとはR&Bシンガーのジェイ・チョウとか、クマチャン(KUMACHAN)とか。

――クマちゃん?!

Julia Wu:ええ、すごくドープなラッパーで、プロデューサーとしても活躍しているわ。チャイニーズネームは「熊仔」で「ベア・ガイ」っていう意味なのよ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!