木村拓哉、森山直太朗を相手に“モテ仕草”発動? カラオケ妄想トークに花咲かせたラジオを聞いて

「自分がマイクを持って歌うってことでしょう? ……盛り上がり系で、なおかつ“あ、コレ歌うんだ“ってところで言ったら、卑怯ですけど“あ、本物だ!“ってところですよね。やっぱ1曲目で間違いなくて、しかも“ズルい!“ってとこでは『SHAKE』かな? アハハハ(笑)!」

 とは、木村拓哉が「カラオケで1曲目に何を歌うか」という質問の答え。豪快な笑い声と共に流れる「SHAKE」のイントロが聞こえてくるだけで、“あ、本物だ“と胸が高鳴ってしまった。木村が久しぶりにラジオ『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)でSMAPの楽曲をかけた。実に楽しそうに紹介する口調も、また多くのリスナーの胸を熱くしたのではないだろうか。

 1995年から約23年半続いた木村のラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)が終わって、もうすぐ1年。昨年夏に『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』とタイトルも曜日も時間帯も新たに再出発したものの、マンスリーゲストとの対談がメインになったこと、そしてWeb動画『木村さ~~ん!』の配信がスタートしたことなど、変化が大きかった分、木村自身もそしてリスナーも手探りな場面が少なくなかった。

 だが、そのペースもようやくつかめた様子。6月のマンスリーゲスト、森山直太朗とは深夜枠だったころの木村を彷彿とさせるようなボーイズトークで大いに盛り上がった。「例えば、6人で集まって、カラオケボックスとか行って……」と森山から妄想シチュエーションが発表されると、どうしたら女の子にアプローチできるかを真剣に考え出すふたり。

 森山が「そこで歌ったり、変な選曲とか、お酒頼んで口説くとか絶対しない! 僕は誰か見てくれてたらいいの。変なマラカスの振り方して、自分が楽しいことただやってて、“さっきよかったよ〜“。”え、見てた?“みたいな」と話すと、木村から「目的の人には?」と冷静なツッコミが入る。

 そう、大事なのは目的の相手にモテること。森山の手法は見つけてもらうのを待っている状況だと、木村は指摘したのだ。「ターゲット絞るってことですもんね……難しい! 俺、引き出しの中に全く答えがない! 俺、バレたくないもん! “こいつ、狙ってんな“って!」と悶絶する森山に対して、木村は「その人を知る必要があるでしょ。服とか、髪型とか、爪とか……」と、“さすがキャプテン!“な視点を披露。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!