>  >  > TOKIO城島茂、出川哲朗を師匠として尊敬?

TOKIO 城島茂、出川哲朗を師匠として尊敬? 「ロケさせてもらっていっぱい勉強した」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOKIOがMCを務めるバラエティ『TOKIOカケル』(フジテレビ系)。6月19日放送回では、ゲストに出川哲朗が出演した。

 スタジオでTOKIOと絡むのは初めてだという出川。同放送では、TOKIOが質問を考え初告白を引き出す企画「生まれて初めて聞かれました」を展開。まず長瀬智也は「奥様とどう呼び合ってる?」と質問する。出川は「妻は俺のことを“くそテツ”と呼んでます」とし、てっちん→くそテツくん→くそテツ→くそテツンちゃんとあだ名が変わり、現在はじじいと呼ばれていると明かした。

 また、国分太一は、出川の年収を聞き出そうと試みる。2018年にCM起用社数ランキングで一位を獲得した出川。国分は、某雑誌の情報を持ち出し、CM1本の出演料は3500万、テレビ出演本数12本の出演料が4300万円だと推測する。出川は「そんな俺レベルで3500万円ももらってたら万々歳!」と謙遜。出川がギャラを言おうとすると、国分は「本当に使いたいんで、一回書いて見せてください!」と提案し、ホワイトボードを取り出した。出川は「こんな生々しい番組なの?!」とリアクション。しぶしぶ、CM1本のギャラを書くと、予想よりも少なかったのか驚いた様子を見せるメンバーたち。さらに「去年の年収は?」と深掘り始めるTOKIOに、出川は「TOKIOはそんな生々しいことやっちゃだめ! あなたたちは爽やかなんだから!」と反応した。

      

「TOKIO 城島茂、出川哲朗を師匠として尊敬? 「ロケさせてもらっていっぱい勉強した」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版