MWAM Jean-Ken Johnny、カーリー・レイ・ジェプセンをサポート タモリ「狼が通訳は初めて」

 6月7日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にGENERATIONS、V6、MAN WITH A MISSION、Superfly、カーリー・レイ・ジェプセン、平井堅が出演した。

MAN WITH A MISSION『Remember Me』(初回生産限定盤) (DVD付)

 番組ではカーリー・レイ・ジェプセンの通訳をMAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyが担当することに。「Mステは3年半ぶりなの?」というタモリからの質問には、ジャンケンを通し「『本当に来れて嬉しいです。興奮してます』とおっしゃってます」と返答があり、これにはタモリも「狼が通訳っていうのも初めてだな」と笑みをこぼしていた。「セレブアーティストが食べたグルメ」のコーナーがVTRで流れ、カーリーは「マライア・キャリーが食べた学生街のステーキ屋」が気に入った様子。V6の長野博は、表参道の「ブラウンライス 一汁三菜」に行くとのことで、「手間暇かけて身体が喜ぶ料理を作ってくれますね」とコメント。すると井ノ原快彦が「長野くんはボデーガード連れてかないの?」と質問。これは、VTRの中でステーキ屋店主がマライアに「ボデーガードが6人ついていた」と発言していたことからのもので、長野は食い気味に「ボデーガードはなしで。お一人でも行きますね」と返していた。

 平井堅は渋谷にある居酒屋「権八」で昼から飲んでいた際、カミラ・カベロに遭遇したとのこと。カミラがMステに出演した翌日の出来事だ。「昼にランチにいらっしゃって、その数日後にキューバに旅行に行く予定があって、(カミラが)キューバ出身でらっしゃるので、『どこかオススメのお店はありますか?』って話しかけに行ったら、キューバ出身なんだけどそんなに長く住んでなかったらしく、『あんまり知らないの。Have fan』って言われました」とエピソードを語り、出演陣の笑いを誘った。

 その後、平井は初恋がテーマの「いてもたっても」を披露。その流れからGENERATIONSの片寄涼太が初恋の思い出を話すことになり、「こんなところでお話しするようなことではないんですけど……」と前置きをしてから、「幼稚園の時に、年中から年長に上がった時に、意中の女の子がいまして。クラス替えがあった時に、年長のクラスでその子を待ってたんですね。なんとなく向こうと思いは通じ合っているつもりだったんですけど、その子がクラスに来て『こっち!』って言ったら、僕に目もくれずに違うクラスに入って行きましたね。その時に『これって失恋っていうやつなんだな』って思いました」と語り、それを聞いたタモリは「随分早い」と笑いながら返していた。

 ほかにもGENERATIONS「Brand New Story」、V6「ある日願いが叶ったんだ」、MAN WITH A MISSION「Remember Me」、Superfly「Ambitious」、カーリー・レイ・ジェプセン「I Really Like You」「Now That I Found You」を披露。次回は6月14日の放送にaiko、King & Prince、GENERATIONS vs THE RAMPAGE、sumika、NEWSが出演する予定だ。

(文=向原康太)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!