>  >  > アーティストの“今”を映すリメイク楽曲

MAN WITH A MISSION、女王蜂、KREVA……アーティストの“今”を映し出すリメイク楽曲に注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MAN WITH A MISSIONが自身の代表曲「FLY AGAIN」をリメイク。「FLY AGAIN 2019」として4月29日にデジタルリリースをした。両者を聴き比べると、イントロ~Bメロに登場するリフをはじめとした曲全体の印象を決定づけるフレーズは健在だが、ギターやデジタルサウンドの重ね方に変化があり、より奥行きを感じさせるサウンドに生まれ変わっていることが分かる。また、ドラムの音量が徐々に大きくなってからイントロが始まるようになっていたり、転調の直前に2小節分のタメが増えていたりと、盛り上がりを増幅させるような変更も見られる。今年初の全国アリーナツアーを開催し、ワールドツアーも行っている今現在の彼らの規模感を反映したアレンジといえるだろう。

 MAN WITH A MISSIONのようにライブを盛んに行うアーティストの場合、活動年数を重ねるにつれ、いわゆる代表曲を演奏する回数も当然増えていく。そんななかで彼らは、その曲を表現するための新たな方法を見出していくのだろう。2019年リリース作品の中から他の例を2つ紹介したい。

 女王蜂が1月30日にリリースしたシングル『火炎』に収録されている「あややこやや」は、2011年に発表した「告げ口」(アルバム『孔雀』収録曲)をリメイクしたものだ。「告げ口」は高音と低音をスイッチさせるアヴちゃん(Vo)のボーカル、静と動をスイッチさせるバンドサウンドによってこの曲特有の恐怖感が表現されていた。一方、「あややこやや」ではデジタルサウンドやフィンガースナップ、コーラスが効果的に取り入れられていて、アヴちゃんの歌い方もだいぶ違う。全体的に“静”の部分がさらに静かになっていて、おどろおどろしさが増した印象。「告げ口」ではギターの音で隠されていた歌詞が「あややこやや」で露わになっているのも大きな変化だ。

 ちなみに女王蜂はリメイクを行うのは2作連続である。『孔雀』収録曲の「デスコ」とシングル『催眠術』のカップリング「DISCO」もぜひ聴き比べてみてほしい。

      

「MAN WITH A MISSION、女王蜂、KREVA……アーティストの“今”を映し出すリメイク楽曲に注目」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版