>  >  > 日向坂46への改名がシーンに与えた影響

けやき坂46=日向坂46への改名がシーンに与えた影響 複雑化するアイドルグループの仕組み

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひらがな◯◯の代名詞となったけやき坂46=日向坂46

 かみやど(ひらがなかみやど)が、6月29日に渋谷O-WESTで開催するワンマンライブでデビューすることを発表し、話題になっている。

 かみやどは、石綿なこ、萩田ここ、辻ゆか、桜木こと、藤田みゆ、高田ももの6人からなるアイドルグループ。今年1月より開催されていた神宿の新メンバーオーディションにて選ばれたファイナリストであり、チーム神宿の研修生的扱いで活動を開始していく。

 というのも、話題になっているのはその、かみやどというグループ名。否が応でも、欅坂46に対するけやき坂46(ひらがなけやき)を連想させる。今年2月にけやき坂46が日向坂46への改名を発表したことを受け、かみやど(ひらがなかみやど)というグループを命名したとも取れるが、いずれにせよけやき坂46がほかのアイドルグループにまで影響を与えたということは明確だ。

日向坂46『キュン』(通常盤)

 けやき坂46は、2015年11月に欅坂46のアンダーグループとして、長濱ねる1人でスタートした。2016年5月に長濱を含む12人のメンバーとなり、同年10月に欅坂46の流れを組む『ひらがなおもてなし会』を開催。2017年にはZeppツアーで断続的にではあるが全国を巡り、ライブが楽しいというグループの“ハッピーオーラ”を少しずつ形成していく。長濱の欅坂46専任という逆境がありながらも、12月に開催した千葉・幕張イベントホールでのツアーファイナルで2期生がお披露目に。ツアーを経てアンダーグループのイメージから完全に脱却した彼女たちは、2018年6月、ついに1stアルバム『走り出す瞬間』をリリース。1年に2度も日本武道館3DAYSを成功させるグループに成長したけやき坂46は同年12月に3期生・上村ひなのを加え、2019年2月に日向坂46への改名を発表する。一つの独立したアイドルグループとしての歩みをスタートさせたのだ。

 けやき坂46の歴史を駆け足で説明したが、彼女たちが日向坂46に改名できたのは、時には惨めな思いをしながらも、一人ひとりが未来を諦めなかったからだ。いつしかアンダーグループと呼ぶことが死語になり、独立できたのは彼女たちの努力に他ならない。だからこそ、けやき坂46の呼び方を踏襲したかみやどには、一部で嘲笑するような厳しいコメントも見受けられる。けやき坂46が走り抜けてきた約3年3カ月の軌跡を知っていればそう思うのも無理はない。

      

「けやき坂46=日向坂46への改名がシーンに与えた影響 複雑化するアイドルグループの仕組み」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版