>  >  > 亀梨和也、初ソロシングルが首位

荻原梓のチャート一刀両断!

亀梨和也、初ソロシングル『Rain』が首位に 最新チャートから見えた男性ボーカル表現の”現在形”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2019年5月27日付週間シングルランキング(2019年5月13日~2019年5月19日・ORICON NEWS)

 5月27日付のオリコン週間シングルランキングによれば、亀梨和也の『Rain』が136,874枚を売り上げて1位、HKT48の『意志』が36,178枚で2位、純烈の『純烈のハッピーバースデー』が25,382枚で3位という結果となった。

 首位を記録した『Rain』は亀梨和也の初ソロシングル。表題曲の作詞をKOMUとTATSUNEが、作編曲を原一博が担当している。

 ノイズ混じりのピアノからスッと亀梨のボーカルに焦点の合わさるイントロから始まり、悲壮感の漂うピアノや徐々に広がりを見せるストリングスのアレンジが光る1曲。音数少なめのAメロからは主人公の抱く孤独感を、淡々とした演奏からは降り続ける雨を、サビで〈Ah ただ護りたい 手の中〉と歌いながら裏で下降していくコードラインからは、言葉とは裏腹の絶望感を感じ取れる。

 また、Bメロで〈人は誰も自分を騙して 微笑み映し出すから〉〈人は誰も嘘を信じて 正義を映し出すから〉と歌っているので、男女の色恋の話ではなく、信じていた仲間の裏切りによって堕ちたような主人公像を想定できる。KAT-TUNで見せてきた力強さやたくましい一面ではなく、どこか無力感に苛まれている男の姿が浮かび上がる楽曲だ。

 グループのデビュー時に「Real Face」で強烈なインパクトを残したKAT-TUNの亀梨だが、今作はじわじわと染み渡るようなソロデビューである。だが、単に悲しい男像ではなく、陰がある分、セクシャルで艶がある。曲によってうまく彼の新たな魅力が引き出されているだろう。

      

「亀梨和也、初ソロシングル『Rain』が首位に 最新チャートから見えた男性ボーカル表現の”現在形”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版