郷ひろみ、思い出の地・池袋で新時代への意気込みを熱唱 「令和もGO! GO!」

郷ひろみ、思い出の地・池袋で新時代への意気込みを熱唱 「令和もGO! GO!」

 郷ひろみが5月16日、ニューシングル『JAN JAN JAPANESE』発売記念ミニライブ&握手会イベント「JAN JAN JAPANESE ジャンジャン見に来てね!」を池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催した。

郷ひろみ

 5月15日に104枚目のシングル『JAN JAN JAPANESE』をリリースした郷ひろみ。表題曲「JAN JAN JAPANESE」は、2020年の東京オリンピックに向けて、さらに活気あふれる日本にしたいという思いが込められたお祭りソングだという。1972年8月31日にデビュー発表会&握手会イベントを池袋パルコ屋上で行ったという郷にとって、池袋は思い出の地。昭和、平成と走り続けてきた”元祖アイドル”郷ひろみが、令和になり47年ぶりに池袋に降臨した。

 地下1階から地上3階まで多くの観客が囲む池袋サンシャインシティ噴水広場のステージに、郷ひろみが代表曲「2億4千万の瞳」で登場すると観客は大熱狂。郷のキレキレのダンスに歓声を上げる観客。時代を駆けてきたアイドルの力強さを見せるように、会場は熱く盛り上がった。

 1曲終え、47年前の池袋でのデビューイベントの思い出を語る郷。「グリーンのランニングシャツを着てたんですよ。エースナンバーの18が入っていたんじゃないかな。その時にいらし方いたっしゃいますか?」と投げかける。観客から上がった「はーい」の声の方を向いて郷が「変わらないですね」と言うと会場は大爆笑。そして新曲「JAN JAN JAPANESE」の話になり、「令和第1弾が『JAN JAN JAPANESE』になるので、とにかく時代を明るくしようと、オリンピックに向けて最高の日本を描きたかった。ただ、日本人であることは誇りだけれども、僕の衣装を見ていただいても分かるように、どこか海賊を彷彿させるような雰囲気もあるんです。色んな国の要素を取り入れた、詞も曲も、そしてファッションも感じていただきたいです」と曲に対する熱い思いを語った。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!