乃木坂46 齋藤飛鳥、絵心対決で独創的なカエルを描写  バナナマン設楽「顔もなんか憎めない」

 続いては、スタジオで絵心対決のコーナーへ。乃木坂46の画伯といえば、生田絵梨花だ。設楽統(バナナマン)が「生田も何回も描かせてると上手くなってきちゃったりするじゃない」と言うと、生田は「だんだん成長してきちゃって。今やリアル画伯ですよね」と返答。日村勇紀(バナナマン)は「どういう意味ですか。全然理解できない」とツッコんだ。

 お題は「カエル」。賀喜遥香、寺田蘭世らはかわいらしいカエルを描き、バナナマンから称賛を受ける。その後、設楽は「薄々お気づきでしょうか。前半上手い人を出してます」と話だし、佐藤楓と中田花奈の絵を公開。どちらもカエルであることはわかるものの、設楽曰く「普通にヘタクソ」とのこと。続いては、カエルの原形を留めていない絵を紹介。まず1つ目は、なぜかドラえもんのようなヒゲが生え、豚のような鼻がついたカエルの絵。描いたのは和田まあやだ。和田が描いたことがわかると、日村は「さっき中田のすげえ笑ってたよね」とツッコむ。しかし「みんなの意見を飲み込みますけど、特徴捉えてますよね」と話し出す和田。しかも中学・高校ともに美術部だったとのこと。設楽から「(その美術部は)どんなレベルの低さなの」と言われると、和田は「ピカソって呼ばれてました」と回答した。

 続けて、齋藤飛鳥の絵を紹介。生田とともに画伯と称される斎藤であるが、今回は自信があるようだ。さっそく絵を公開するも、即座に絵を見つけ出すことができない一同。斎藤が「右のほうです」と言うと、右端にもモフモフした小さな動物の絵が。斎藤の羊のようなゆるい絵に、思わず「かわいい」という声も。設楽は「顔もなんか憎めないんだよね」と言い出し、「ハイ? カエルですが?」と斎藤の絵にセリフを入れ、スタジオを笑わせた。

 次回は5月19日放送。「残りのメンバー絵心チェック」をオンエアする。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる