V6、山下智久、亀梨和也、JUMP、WEST……春ドラマを彩るジャニーズ主題歌に注目

Hey! Say! JUMP

 メンバーの知念侑李主演のドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』(日本テレビ系)では、Hey! Say! JUMPが5月22日にリリースする24thシングル『Lucky-Unlucky / Oh! my darling』から「Lucky-Unlucky」、メンバーの伊野尾慧が出演する『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)には、5月29日発売の初のDVDシングルから表題曲「愛だけがすべて -What do you want?-」が起用されている。「Lucky-Unlucky」は、ダンサブルで洗練された楽曲。ドラマに登場する数々の“アホ”に立ち向かう谷村小太郎(知念)の背中を押すような印象を受ける。一方「愛だけがすべて -What do you want?–」はどこかフラメンコを彷彿とさせる、艶美で情熱的な印象のナンバー。時に過激で、時に痛快、ミステリアスな三田園薫(TOKIO・松岡昌宏)にマッチしているのではないだろうか。

ジャニーズWEST

 メンバーの小瀧望が出演しているドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)の主題歌は、4月24日に発売されたジャニーズWESTの12thシングル表題曲「アメノチハレ」。爽やかでポップなサウンドに、ポジティブなメッセージが込められている同曲は、困難にぶつかりながら成長している、主人公の立花はるか(中条あやみ)の姿を描く、同ドラマの応援ソングのようだ。さらに、伸びやかな声の持ち主が多いジャニーズWESTだからこそ、爽やかかつ前向きな楽曲に仕上がっている。

 ドラマの主題歌は、作品とのリンクや各アーティストプによる物語への“味付け”も楽しめる。6曲も起用されていることから、ジャニーズの主題歌が豊作と言える今クールのドラマ。単なる“ジャニーズグループの楽曲”としてだけでなく、“主題歌”としても充分に味わってみてほしい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる