>  >  > 平手友梨奈、バラエティにおけるカリスマ性

欅坂46 平手友梨奈、バラエティにおける“カリスマ性” 半年ぶりに出演した『けやかけ』を見て

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京/以下、『けやかけ』)。4月21日放送回には、平手友梨奈が約半年ぶりに登場した。もはやレアな存在となっている平手の一挙手一投足に注目が集まる中、久しぶりの“キャロてち”降臨で、幸福感に満ちあふれた放送となった。また平手がパーソナリティを務めるラジオ『欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!』(TOKYO FM『未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK!』内)での「てちおねえさん」に続き、放送当時「平手さん」がTwitterトレンド入りを果たすなど、ステージを降りてもそのカリスマぶりは健在だ。

欅坂46『黒い羊』(TYPE-A)

 同放送回は「2期生の絶対に負けられない戦い 前半」と題して、「これだったら私が欅坂46でいちばん!」という自信のあるもので2期生が1期生と勝負をするという内容だった。番組が始まると、しれっと右端中央に座っているポーカーフェイスの平手。すると、「あれ? 平手!」と早速いじるMCの澤部佑(ハライチ)に平手は笑顔で手を振る。この光景は昨年7月15日放送回でも見られた、もはや様式美とも言える定番の掛け合い。当時は、映画『響 -HIBIKI-』の撮影などで欅坂の活動を長期休止していた平手が久しぶりに戻って来た回だった。このやりとりが、久しぶりの平手を番組へとスッと溶け込ませ、自然体に戻させる。番組開始数秒で、SNS上では「澤部、てちに話し振ってくれてマジで感謝」「さすが澤部!」など、澤部への賞賛の言葉が送られた。

 そんな平手は今回、ひな壇に座っているだけかと思いきや、2期生・井上梨名との豪速球対決に選出される。淡々と勝負に挑むも、平手がボールを投げた直後に、澤部が股間を抑えるリアクションをするなどMCたちの名サポートもあり、スタジオから笑いが起こった。そのやさしさに包まれた空間は、尾関梨香の魔球をも引き出す。結果、平手がまさかの豪速球王となり、今年一番とも言える笑顔を見せた。そのはしゃぎように、かわいい平手の姿を指す“キャロてち”がSNS上に溢れ、「キャロてち見れて最高!」「神回すぎる」と歓喜の声が上がる。そして何より、久しぶりの平手出演ということもあってか、MCを含めたスタジオメンバーたちがいつも以上に盛り上がりを見せていたのが印象的だった。空いていたピースが埋まるかのように、やはり欅坂にとって平手は欠かせない存在だと改めて気付かされる。

      

「欅坂46 平手友梨奈、バラエティにおける“カリスマ性” 半年ぶりに出演した『けやかけ』を見て」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版