乃木坂46 4期生の初舞台『3人のプリンシパル』開幕 遠藤さくら「恥を捨てて思い切り楽しみたい」

乃木坂46 4期生の初舞台『3人のプリンシパル』開幕 遠藤さくら「恥を捨てて思い切り楽しみたい」

 乃木坂46の4期生による初公演『3人のプリンシパル』が、4月9日よりサンシャイン劇場で上演を開始した。

【上段左から】柴田 柚菜、清宮 レイ、田村 真佑、筒井 あやめ、早川 聖来、矢久保 美緒【下段左から】遠藤 さくら、賀喜 遥香、掛橋 沙耶香、金川紗耶、北川悠理

 2012年に渋谷PARCO劇場で行なわれた、乃木坂46にとっての初舞台公演『16人のプリンシパル』からスタートした同シリーズ。これまで1幕の全員参加によるオーディションを経て、2幕の演劇に出演するメンバーを観客の投票で決定するという形式で行なわれてきた。今回も1幕はオーディション、2幕はウィリアム・シェイクスピア原作の劇『ロミオとジュリエット』(構成・演出:谷 賢一)、3幕はミニライブで構成される。各公演のオーディションでは、メンバーの中から2幕の劇に登場するロミオ役、ジュリエット役、それ以外全部役(乳母やマキューシオといった複数の役)に3名が選ばれる。

 9日の公演前には公開ゲネプロが上演され、囲み取材に遠藤 さくら、賀喜 遥香、掛橋 沙耶香、金川 紗耶、北川 悠理、柴田 柚菜、清宮 レイ、田村 真佑、筒井 あやめ、早川 聖来、矢久保 美緒の11名が登場。舞台への意気込みについて4期生メンバーは、「恥を捨てて舞台を思いきり楽しみたい」(遠藤)、「舞台で自分の殻を破って強くなりたい」(北川)、「全公演、常に全力で楽しんで新しい自分に変わりたい」(柴田)、「4期生で唯一演技経験があるので、その経験を活かして頑張りたい」(早川)など、それぞれ思いの丈を語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる