>  >  > Suchmosとユニコーンに見るバンドの面白さ

imdkmのチャート一刀両断!

Suchmosとユニコーンの最新作が雄弁に語る“ロックバンド”の面白さ チャートインを機に考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2019年4月8日付週間アルバムランキング(2019年3月25日~2019年3月31日・ORICON NEWS)

 2019年4月8日付のオリコン週間アルバムランキングではback number『MAGIC』が165,896枚を売り上げて初登場首位。2位のすとろべりーぷりんす『すとろべりーすたーと』の約2倍と、さすがのスタートダッシュをきめている。初登場がひしめくランキングのなかでも注目したいのは、4位にランクインしたSuchmosの『THE ANYMAL』と続く5位にランクインしたユニコーン『UC100V』だ。世代もスタイルもまったく異なる二組だが、そのサウンドはどちらもロックがまだ面白いものでありうることを示している。

Suchmos『THE ANYMAL』

 すでに各所で詳細な評が出ているが、Suchmos『THE ANYMAL』は彼らの大きな転換点だ。昨年リリースのミニアルバム『THE ASHTRAY』での、キャッチーなサビに頼らずに長尺の楽曲をじっくり聴かせるアプローチが先鋭化している。以前のヒット曲「STAY TUNE」ではあれだけ印象的なフックをつくりだしていた彼らだけに、こうした変化は実に興味深い。のみならず、『THE ASHTRAY』ではマッドチェスターの残り香を感じさせるグルーヴ感を湛えていたのが、サイケデリックな浮遊感へ舵を切ってもいる。この方向転換には、コード進行やメロディ、あるいはリズムのつくり方もさることながら、フレーズの途中で左右を横切るといった大胆なパンニングであるとか、あるいはディレイやリバーブといった空間系のエフェクトを躊躇なく使ったサウンドデザインも重要な役割を果たしている。先行配信もされた「ROLL CALL」は、アナログディレイやリバーブがこれでもかと施された破壊的なダブワイズが素晴らしい。サイケ、プログレ、クラシックロックが引き合いに出されることの多い『THE ANYMAL』だが、ところどころで過激な音響が顔を出すのが、個人的に気に入っているポイントだ。ドライでミニマム、そしてボトムの低い(それこそサブベースの活用など)音像がポップソングの王道となりつつある現在、こうした遊び心のある空間性を持ったバンドサウンドがリスナーを沸かせていることも痛快。

      

「Suchmosとユニコーンの最新作が雄弁に語る“ロックバンド”の面白さ チャートインを機に考察」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版