>  >  > Nulbarichら海外でも通用する日本人の新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.136

Nulbarich、Nissy、Eve……海外でも通用する可能性を持った日本のアーティストの新作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本でもサブスクが徐々に浸透し(それでも欧米に比べればまだまだですが)、多くの国と地域の音楽をリアルタイムで聴ける状況が整うなか、日本のアーティストも否応なく、海外の楽曲との競争にさらされつつある。そこで今回は“海外でも通用する可能性を持った日本人アーティストの新作”。特にサウンドメイクにおいて、海外との差は(少しずつではあるが)確実に縮まっているように思う。

Nulbarich『Blank Envelope』(通常盤)

 アルバムタイトルの『Blank Envelope』は“宛名のない封筒”という意味。昨年、初の武道館公演を成功させ、CM、ドラマ、映画などの楽曲を次々と手がけるなど、名実ともに音楽シーンのど真ん中に進み出たNulbarichの3rdアルバムは、自らの音楽的欲求に従いながら生み出した楽曲を(宛名のない封筒を投函するかのごとく)すべてのオーディエンスに向けた充実作となった。本作にはロサンゼルスで制作された楽曲も含まれ、トラップを取り入れるなど、海外の基準にも合致したサウンドメイクが施されている。豊かさを増したメロディ、率直さを増したリリックなど、これまで以上に歌の比重が高まっていることも、このアルバムの訴求力の強さにつながっていると思う。

Nulbarich – Sweet and Sour (Official Music Video) [Radio Edit]

Nissy『Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST』(2CD+2Blu-ray)

 ソロ活動5周年を記念したNissy(西島隆弘)のベスト盤『Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST』には、デビュー曲「どうしようか?」から最新シングルの収録曲「トリコ」「Relax & Chill」までが網羅され、Nissyの音楽的な軌跡を改めて体感できるアイテムに仕上がっている。ネオソウル、ディスコリバイバル、エレクトロの世界的潮流と重なりながら、老若男女が楽しめるJ-POPへと昇華。押しつけがましくないのに耳に残るボーカル、軽やかなグルーヴを感じさせるフロウ、クオリティの高いトラックがひとつになったNissyの音楽の変化と進化をじっくりと堪能してほしい。新曲「Addicted」はエレクトロスウィングの要素を取り入れたダンスチューン。抑制を聴かせた、シックな雰囲気のボーカルもきわめて魅力的だ。

Nissy(西島隆弘) / 「Addicted」Music Video

Eve『おとぎ』(通常盤)

 ネットの動画投稿サイトを中心に注目を集め、シンガーソングライターとしての才能を露わにしたアルバム『文化』(2017年)で大きなジャンプアップを果たしたEveのニューアルバム『おとぎ』は、ソングライティング、コンセプトの構築、サウンドデザインの的確さを含め、その無限のポテンシャルをさらに大きく広げた作品となった。舞台は夢のなか(つまり主人公は眠っている)。時間軸、空間軸を自在に操作しながら、ファンタジックな世界観を描き出すことに成功。優れたファンタジーの条件である、現実世界とのリンクもしっかりと感じとることができ、さまざまな角度から検証したくなる奥深いアルバムに仕上がっている。ストーリー、楽曲、ビジュアルを総合的にコントロールするプロデューサー的な手腕にもぜひ注目してほしい。

僕らまだアンダーグラウンド – Eve MV

      

「Nulbarich、Nissy、Eve……海外でも通用する可能性を持った日本のアーティストの新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版