>  > 超特急、アリーナツアーの裏側

Blu-ray『Sweetest Battlefield』インタビュー

超特急が振り返る『Sweetest Battlefield』の裏側 「ステージに胸を張って臨めるようになった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちの殻を破っていこう(タカシ)

ーーそして「Party Maker」から始まるアンコールの解説は、タカシさんにお願いできればと。

タカシ:正直、「Party Maker」に関しては必死すぎて全然覚えてないレベルなんですけども。確か、ここで初披露じゃなかったかな?

ユーキ:そうだったね。

超特急「Party Maker」MUSIC VIDEO

ーーMVが先に公開されていたので、冒頭のパフォーマンスで「あの衝撃的なMVを再現するんだ?」と客席が騒然となって。

タカシ:ここはアンコールだけど気を抜かせないというか、最後の最後まで楽しんで帰ってもらおうというのがテーマですね。「Party Maker」に関してはまさにMVの世界観を大事にして、そのままの状態からみんなで盛り上がっていくっていう。で、それをアンコールでやるっていうことにすごく意味があるのかなと、個人的には思ってました。この武蔵野のライブはこれで終わりだけど、“自分たちの殻を破っていこう”とか“これからも自分たちは進んでいく”とか“諦めずに夢に向かっていくんだ”という気持ちを込めてパフォーマンスするブロックだったというか。「Burn!」や「走れ!!!!超特急」も、曲調や見せ方は違えど、目指しているもの、求めているものは一緒なんですよね。全然違うように見えて同じようなタイプの曲を、みんなに最後に思う存分楽しんでもらってゴールできたのかなと思います。

ーー「Feel the light」や「Party Maker」でも思ったんですが、TAKAHIROさんの振付ではタカシさんにもしっかり役割があって、“歌い手兼踊り手”として存在がフィーチャーされている印象を受けました。

タカシ:たしかにそうですね。TAKAHIROさんとお話する機会があったときに、ダンサーだけじゃなく歌い手にもすごく気を配ってくださる方なんだなと感じました。自分自身はほかのみんなほどダンスには参加してこなかった部分があるんですけど、そんな僕にも振付について、たとえば「Party Maker」なら自分の殻を破っていくという曲なので、どういう気持ちで立ち上がって、なぜここで歌いだすのか、一番最初のジャンプはどういう意味でそうするのか。そういったことについても、僕自身で考える機会を作ってくださったんです。パフォーマンスについていろいろ考えるヒントを与えてくださるので、ボーカリストとしてだけじゃなく、1人の演者として成長させてくださる方だなと思って、尊敬してます。

ーー「Feel the light」で醸し出す世界観には、役者としてのキャリアも反映されているのかなと思いました。

タカシ:少なからず、それもあると思います。これまでの一つ一つの小さな積み重ねが、ステージにも活かせているんじゃないかなって。

ーーいろいろと振り返っていただいたところで、この『Sweetest Battlefield』での経験が、その後のライブにどう活きているのかを少し聞いてみたくて。昨年の夏から秋にかけてはアリーナクラス、スタジアムクラスの会場でのフェスにもたくさん参戦されていましたよね。

ユーキ:パフォーマンスする上での佇まいという部分では、あの360度ステージでのライブがあったおかげで、それぞれが大きいステージでも緊張せず自然に動けるようになったのかもしれないなと思います。ここに立てば客席からはこう見える、というような360度での立ち位置の見方だったり経験も活きていると思いますし。大きい会場には正直、全然慣れないですけど「どう使ってやろうか?」みたいに考えられるようにはなったと思います。

ーー12月に日韓同時中継された『2018 Mnet Asian Music Awards (MAMA)』の授賞パフォーマンスも、360度のセンターステージでしたね。「Favorite Dance Artist Japan」受賞ということで、“BULLET TRAIN”の名前が世界に発信される形になりました。

カイ:“日本のダンスすごいで賞”みたいなことですもんね。光栄でしたし、ありがたいことです。

リョウガ:MCでしゃべってても、なんだか「夢見てるのかな?」みたいな気持ちだったんですけどね。

ーーパフォーマンスは「need you」1曲だけでしたけど、すごくインパクトがありました。

ユーキ:あのときは少しだけですけど、振りも360度仕様に変えました。授賞式の手前に自分たちのワンマンでもさいたまスーパーアリーナには立ってはいるんですけど、同じ会場でも不思議なくらい雰囲気が違って見えたんですよね。「すごい見られてる!」みたいな。

カイ:360度だからね(笑)。でも1曲しかないので緊張するよりも「やってやろう!」っていう気持ちのほうが全員大きかったと思います。日本から出てるのは僕たちだけでしたし。「need you」はもともと疲れる振付なんですけど、あの日はみんな1曲だけで気力体力を使い果たした感がありました。その分、あとから映像見直したら締まったパフォーマンスになっていたので。

ーー360度ステージでのパフォーマンスやツアーは挑戦ではあったと思いますけど、この経験がのちのちの財産になりそうな感じもありますね。

カイ:ステージの使い方ということとは別ですけど、このツアーが360度ステージでよかったです。ユースケも言ってましたけど、8号車に囲まれることで、心の底から安心してパフォーマンスすることができたんですよね。そのあとのいろんなステージに立たせていただく機会に胸を張って臨めるようになったのは、このツアーがきっかけといえるし、振り返るとこの経験は大きかったなと思います。

Arrow
Arrow
カイ
ArrowArrow
Slider

(取材・文=古知屋ジュン/写真=三橋優美子)

■リリース情報
『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Bttlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena』

【通常盤】
価格:¥7,980(税込)
仕様:1Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様

<収録曲>
1. Overture
2. 超ネバギバDANCE
3. 超えてアバンチュール
4. OVER DRIVE
5. Pretty Girl
6. No.1
7. SAY NO
8. One Life
9. Starlight
10. Billion Beats
11. Clap Our Hands!
S.B.F Medley
12. My Buddy
13. DJ Dominator
14. Turn Up
15. Yell
16. Rush Hour
17. HOPE STEP JUMP
18. fanfare
19. S.B.F Rave Track
20. Feel the light
21. We Can Do It!
22. Kura☆Kura
23. Synchronism
24. バッタマン
25. BREAK OFF
26. 浮つきWAVES
27. a kind of love
28. Party Maker
29. Burn!
30. 走れ!!!!超特急

【Loppi・HMV限定盤】
価格:¥10,356(税込)
仕様:2Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様

<収録内容>
・DISC1 : 「Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena」
※収録内容は通常内容と共通
・DISC2 : 「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield DOCUMENT」
※ブックレット40Pは通常盤と共通

【WIZY限定盤】
価格:¥9,060(税込)
仕様:1Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様
※Blu-ray・ブックレット40Pは、パッケージの絵柄を含め通常盤と共通

<WIZY限定盤特典>
『Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena』公演映像に、メンバー6人が2人ずつに別れて、メンバー対話式で行なったコメンタリー音声を視聴出来るダウンロードコード付き。WIZYプロジェクトサイトにて期間限定予約のみで入手できる限定盤。

<コメンタリーメンバー分け>
カイ&タカシ
リョウガ&ユーキ
タクヤ&ユースケ

■ツアー情報
『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』
4月20日(土)【千葉】松戸・森のホール21 大ホール 開場16:15/開演17:00
4月21日(日)【千葉】松戸・森のホール21 大ホール 開場14:15/開演15:00
4月28日(日)【神奈川】カルッツかわさき ホール 開場16:15/開演17:00
4月29日(月・祝)【神奈川】カルッツかわさき ホール 開場14:15/開演15:00
5月2日 (木)【大阪】大阪国際会議場 メインホール 開場17:30/開演18:30
5月3日(金・祝)【大阪】大阪国際会議場 メインホール 開場14:00/開演15:00
5月5日(日・祝)【大阪】大阪国際会議場 メインホール 開場14:00/開演15:00
5月11日(土)【鳥取】とりぎん文化会館 開場16:30/開演17:00 ★初開通
5月12日(日)【島根】島根県民会館 開場16:30/開演17:00 ★初開通
5月17日(金)【福岡】福岡サンパレス 開場17:45/開演18:30
5月18日(土)【長崎】長崎ブリックホール 開場16:15/開演17:00
5月25日(土)【愛知】愛知県芸術劇場大ホール 開場16:45/開演17:30
5月26日(日)【愛知】愛知県芸術劇場大ホール 開場14:15/開演15:00
6月1日(土)【神奈川】パシフィコ横浜 国立大ホール 開場17:00/開演18:00
6月2日(日)【埼玉】大宮ソニックシティ 大ホール 開場16:15/開演17:00
6月8日(土)【広島】上野学園ホール 開場16:30/開演17:00
6月15日(土)【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru 開場16:15/開演17:00
6月16日(日)【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru 開場14:15/開演15:00
6月29日(土)【千葉】市川市文化会館 大ホール 開場16:15/開演17:00
6月30日(日)【千葉】市川市文化会館 大ホール 開場14:15/開演15:00
7月6日(土)【宮城】仙台サンプラザホール 開場16:15/開演17:00
7月7日(日)【宮城】仙台サンプラザホール 開場14:15/開演15:00
7月14日(日)【新潟】新潟テルサ 開場16:30/開演17:00
7月15日(月祝)【石川】本多の森ホール 開場16:30/開演17:00
7月20日(土)【大阪】大阪国際会議場 メインホール 開場16:30/開演17:00
7月21日(日)【大阪】大阪国際会議場 メインホール 開場14:00/開演15:00
7月27日(土)【愛媛】西条市総合文化会館 開場16:30/開演17:00  ★初開通
7月28日(日)【高知】高知市文化プラザかるぽーと 開場16:30/開演17:00  ★初開通
8月8日(木)【神奈川】パシフィコ横浜 国立大ホール 開場17:30/開演18:30
8月9日(金)【神奈川】パシフィコ横浜 国立大ホール 開場17:30/開演18:30
8月12日(月祝)【佐賀】佐賀市文化会館 開場16:15/開演17:00  ★初開通
8月13日(火)【熊本】市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 開場18:00/開演18:30  ★初開通
8月17日(土)【沖縄】沖縄コンベンションセンター劇場棟 開場16:15/開演17:00  ★初開通

ツアー特設サイト

オフィシャルサイト

 超特急 サイン入りチェキプレゼント

超特急のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

<応募方法>
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2019年2月8日(金)まで

「超特急が振り返る『Sweetest Battlefield』の裏側 「ステージに胸を張って臨めるようになった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版