>  >  > 東方神起、新アルバムで歌う真実の愛

東方神起、15周年アルバム『New Chapter #2』で歌う真実の愛 作品から伝わる“唯一無二感”

関連タグ
東方神起
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東方神起、デビュー15周年を記念したスペシャルアルバム『New Chapter #2: The Truth of Love』。彼らのデビュー記念日である12月26日に、各音楽サイトを通じてリリースされた本作は「大切なファンのために一生懸命準備したプレゼント」(チャンミン)、「東方神起が自分自身と向き合う姿をお見せできるアルバム」(ユンホ)と、「BlanQ Interview」で2人が答えているように、丁寧な作り込みを感じさせる仕上がり。15周年という大きな節目に、あらためて東方神起の唯一無二感を噛みしめるアルバムになっている。

東方神起『New Chapter #2: The Truth of Love』

 収録されているのは、リード曲「Truth」を含む計7曲。「Truth」は、重厚なベース音と、パーカッションのリズムに合わせて、チャンミンの透明感のあるハイトーンボイスが印象的な歌い出し。そこに倍音を感じさせるユンホの歌声が重なると、“冷静“と”情熱“が絡み合う、“これぞ東方神起“なグルーヴが生まれる。

 紡がれている歌詞も、傷つく痛みを知った大人の恋。愛することで降りかかる悲しみも苦しみも知りながら、それでも愛を注がずにはいられない、というもの。そんな人生の切なさを歌えるのは、成熟した大人の東方神起だからこそ。10代のフレッシュな頃と比べると、歌う愛に深みが出てくるのも、長年彼らを見続けてきたご褒美のように感じられる。チャンミンが語ったように“ファンへのプレゼント“であり、ユンホが言うように“東方神起と自分自身に向き合うこの時間こそ真実の愛“と教えてくれる楽曲だ。

TVXQ! 동방신기 ‘Truth’ MV

 また、「Truth」のMVでは、東方神起の真骨頂でもあるダンスも楽しめる。これまで彼らが踊ってきた激しいダンサブルな曲に比べると、ゆったりとしたリズム。しかしながら、驚くほど細かなステップが刻まれていることに気づく。電話ボックスから出てくるチャンミンはまるでミュージカルのワンシーンのように可憐で、ユンホのターンはフィギュアスケートを彷彿とさせる力強さがある。相変わらず指先まで神経の行き届いたキレのある動きは、2人が真摯に続けてきた努力の証。鍛錬の先にある優雅さ。それも、東方神起が築き上げてきたオリジナリティかもしれない。

 他にも、アーバンな雰囲気とビートについノリノリで踊るユンホを思い浮かべてしまう「Sooner Than Later (Feat. The Quiett)」、チャンミンも作詞に加わったと思うと甘い歌詞に愛しさが増す「Jelly Love」、歌声からまぶしい陽の光や温もりさえも感じられるような「Morning Sun」……と、単に音が耳を通り抜けるだけではなく、脳内で様々な情景が映し出されるような曲ばかり。まるで乾いた土が、水を吸い込むよう。東方神起の作品は、すんなりと聞く者の中に入ってくる。それは、彼らのパフォーマンスが15年かけて洗練されてきたからこその、浸透度の高さなのだろう。

      

「東方神起、15周年アルバム『New Chapter #2』で歌う真実の愛 作品から伝わる“唯一無二感”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版