>  >  > 乃木坂46齋藤飛鳥に向けられる期待

乃木坂46 齋藤飛鳥に向けられる期待の眼差し “次世代エース”に至る波乱万丈な歩みを振り返る

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の齋藤飛鳥が、本日12月9日にオンエアされるドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系)に出演する。過去には前田敦子や渡辺麻友、AKB48の横山由依に密着した回はあったが、乃木坂46からは初の出演。12月1日に上海で開催された乃木坂46にとって初の単独海外公演の舞台裏と彼女の素顔に40日間密着した映像が放送される。

『情熱大陸』12/9(日) 乃木坂46・齋藤飛鳥に40日間完全密着! 単独公演の舞台裏と意外な素顔に迫る【TBS】
齋藤飛鳥ファースト写真集 潮騒

 今年8月にリリースされた21thシングル『ジコチューで行こう!』で2度目の単独センターを務めた齋藤。1月にはドキュメンタリー番組『セブンルール』(フジテレビ系)でスポットが当たり、10月には映画初主演にしてヒロイン役に抜擢された『あの頃、君を追いかけた』が公開。ヘアケアブランド「LUX」のCMではその艶やかなロングヘアをなびかせるなど、着実に世間への認知を広げている。2017年1月に刊行した写真集『潮騒』は、2018年6月時点で17刷り累計18万部(11月時点で22刷)、乃木坂46メンバーの1st写真集として最も売れている作品と報道された(参考:モデルプレス 乃木坂46齋藤飛鳥、写真集が12ヶ月連続重版 累計18万部を記録)。

 今や白石麻衣、西野七瀬と並び、3トップと呼ばれる齋藤だが、彼女の始まりは選抜メンバーの3列目(最後方)からのスタートだった。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』からはじまり、4枚目『制服のマネキン』、7枚目『バレッタ』、11枚目『命は美しい』、12枚目『太陽ノック』と飛び飛びで選抜入りしている上、いずれも3列目のポジション。初めて福神(表題曲のフォーメーションで前列や中列に位置するメンバー)入りしたのは2015年発売の13枚目『今、話したい誰かがいる』でのこと。そして翌年発売の15枚目『裸足でSummer』で単独センターを務めることとなる。西野も齋藤と同じ3列目からスタートした一人ではあるが、アンダー(選抜に選ばれなかったメンバー)は経験していない。歴代のセンターメンバーの中でも、様々な立場を経て、センターへと上り詰めた人物である。

      

「乃木坂46 齋藤飛鳥に向けられる期待の眼差し “次世代エース”に至る波乱万丈な歩みを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版