フレンズ、誰もが楽しめる親近感たっぷりのステージング 大充実のTDCホール公演を見て

フレンズ、誰もが楽しめる親近感たっぷりのステージング 大充実のTDCホール公演を見て

 2018年4月に日比谷野外音楽堂でワンマンライブを開催。8月に1stフルアルバム『コン・パーチ!』をリリースするなど、順調な活動を続けているフレンズが11月29日、全国ツアー『~コン・パーチ!Release Tour~ シチュエーション・コメディ season3』の最終公演をTOKYO DOME CITY HALLで行った。9月30日に予定されていたこの公演は(もともとはツアー初日公演でした)台風の影響で延期され、2カ月後のこの日の開催に。会場を埋め尽くす観客の前で5人は、優れたポップネスに溢れた楽曲をたっぷりと披露し、まさにフレンドリーな雰囲気のステージを展開した。

Arrow
Arrow
おかもとえみ(写真=kondo midori)
ArrowArrow
Slider

 「“ツアー初日”、最高の1日にしようね!」(おかもとえみ/Vo)という声に導かれたオープニングナンバーは、アルバム『コン・パーチ!』の1曲目に収録された「常夏ヴァカンス」。切なさ混じりのラテン系サウンドとともに、おかもと、ひろせひろせ、三浦太郎(Gt&Vo)のボーカルが呼応し、観客もハンドクラップで応える。さらに「NO BITTER LIFE」ではコール&レスポンスが生まれ、グルーヴィーなポップチューン「コン・パーチ!」ではフロアがダンスフロアに変貌。オーディエンスをどんどん巻き込んでいく、フレンズらしいステージが冒頭から体現されていた。

 ライブ中盤では、このバンドらしいサービス精神、エンターテインメント性に満ちた演出も。まずステージ後方にジャングルの映像が映され、サルの着ぐるみを着たダンサー(?)4人が登場。メンバーをひとりひとり大きな葉っぱで扇いで退場させた後、三浦がひとりでステージに戻って「元気D.C.T~憧れのマチュピチュ~」へ。曲の途中で挿入される「太郎さん、100円貸して」(長島涼平/Ba)「いいよ! …あれ、財布がない!」(三浦)といったセリフのやりとりもステージ上でそのまま再現し、観客の笑いを誘う。さらに「fisherman」ではメンバーが魚の被り物でパフォーマンスし、「またねFOREVER」では“おかもとえみコーラス隊”という女性のマネキン(髪型も衣装もおかもとと同じ)が置かれて、まるでコーラスグループのようなスタイルに。ほとんど寸劇のようなステージだが、このユルい雰囲気もまた、フレンズのライブの魅力だ。

 ほんわかとハッピーな空気を一変させたのは、「シルエット」だった。おかもとえみの作詞・作曲によるこの曲は、〈忘れられない恋のエピソード/永遠に続いてほしかったよ〉という哀切なフレーズがじんわりと胸に沁みるバラードナンバー。シリアスな感情をたっぷりと込めた歌声は、彼女のシンガーとしての奥深い魅力を改めて証明していた。鍵盤とボーカルだけのシンプルなアレンジも、この曲の切なさを際立たせていたと思う。

Arrow
Arrow
(写真=RAY OTABE)
ArrowArrow
Slider

 MCでは「みなさん、どこから来たんですか?」からはじまり、ツアーの思い出(福岡に前ノリして、メンバーみんなで『ボヘミアン・ラプソディ』を観た)など、約10分に渡ってゆったりトーク。この気の置けないムードもまた、フレンズの親近感につながっているのだろう。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!