>  >  > 欅坂46『FNS』でのコラボを振り返る

欅坂46×けやき坂46「ジングルベル」で本格コラボなるか? これまでの『FNS歌謡祭』出演振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月5日に放送される年末恒例の音楽特番『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の第1夜で、“欅坂46×けやき坂46”のコラボにより、クリスマスの定番ソング「ジングルベル」が歌われる。

欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』(通常盤)

 この2組のコラボと言えば、先日11月15日に放送された『ベストヒット歌謡祭2018』(読売テレビ・日本テレビ系)で、“史上初のコラボ”と題されて話題となるものの、どちらかというと、当日舞台で欠席となった欅坂46(以下、漢字欅)のメンバーの空いたポジションに、けやき坂46(以下、ひがなけやき)がヘルプとして入る形であった。完璧なパフォーマンスを披露し、欅坂の歴史においてはとても大きな一歩となったが(詳しくは以前に書いた記事を参照)、コラボという観点では正直一般視聴者には伝わりづらかったのではないだろうか。今思えば『ベストヒット歌謡祭2018』オフィシャルサイトでは、漢字欅の項目しか設けられていなかったのだが、今回の『2018 FNS歌謡祭』オフィシャルサイトには、しっかりと2グループの名前が同列で並んでいることから、いよいよ本格的なコラボになるのでは? と期待が募る。

 これまでの『FNS歌謡祭』での漢字欅のコラボを振り返ると、やはり昨年の“平井堅×平手友梨奈”のコラボが強く印象に残っている。平井の「ノンフィクション」に合わせ、平手が制服姿で身を削るようなコンテンポラリーダンスを披露。平井の情熱的な歌の世界観を見事に表現し、大きな話題となった。後に平井が発表した「知らないんでしょ?」は、平手とのコラボで衝撃を受け「この世界を歌にしたい」と思って作ったと『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)で語っている。コラボ相手である平井に1曲作らせるほど影響を与えた平手のパフォーマンスは、実に劇的であった。

      

「欅坂46×けやき坂46「ジングルベル」で本格コラボなるか? これまでの『FNS歌謡祭』出演振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版