>  > ネクライ、鬱屈した感情を昇華したポップサウンド

1stアルバム『ONE!』リリースインタビュー

ネクライトーキーが語る、鬱屈した感情を昇華したポップサウンド「悪口書いてる人の方が味方かも」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トリッキーなバンド名になった理由

ーーしかも、コンポラのライブを観に来ていたもっささんを、朝日さんが見つけて誘い込んだんですよね。とても運命的です。当時の構想としては、「石風呂」の女性ボーカル版みたいなバンドを作ろうと思ってたのですか?

朝日:最初はそうでした。初期は「石風呂」の曲もやっていたし、ベースも藤田じゃなくて、違うベーシストが入る予定だったんですよ。

ーーそれが藤田さんになったのは、どんな経緯で?

朝日:なんか……暇そうだったから。

(全員笑)

朝日:当時、コンポラの活動もあまりやってなくて、そしたらみるみる元気が無くなってて。僕は音楽でメンバーを食わせていきたいと思っていたので「だったら一緒にやるか」と。実を言うと、コンポラに俺を誘ったのは藤田だったんですよ。それで始まったバンドだったので、だったら今度は俺から藤田を誘おうかなと。なので、このバンドはタケちゃん、もっさ、そして藤田という順にメンバーが決まったんです。

ーー朝日さんが「音楽でメンバーを食わせていきたい」と思った時は、バンドとしてある程度の見通しが立っていたのですか?

朝日:いや、コンポラの時は全然立ってなかったし、今も立っているわけじゃないですね。でも、見通しが立つからバンドを始めるとか、将来が約束されてるからメンバーを誘うとかじゃなくて、「俺がそうするから」っていう気持ちが大事というか。勝算とか全然ないですけど、それくらいの意思がなきゃ無理だろうなって思ってますね。

ーー頼もしいです。メンバーの皆さんも、そんな朝日さんを信頼しているからこそ、一緒にやっているわけですよね?

朝日:……そうなの?(笑)。

タケイ:でも実は、影のリーダーは僕なんですよ。

もっさ:それは絶対そう! じゃなきゃ(バンド活動が)回ってないです(笑)。

タケイ:基本、朝日はポンコツなんです。「メール返すね」って言って半年返さないし。

藤田:ほんっとにそう!(笑)。

タケイ:バンドを結成し、どういうビジョンでやっていくかは朝日が考えて、メンバー全員で共有するところまでは出来るんですよ。でも、そこからいざバンドを動かすってなった時に、誰も出来る人がいない(笑)。別に僕はリーダー気質があるわけじゃないけど、僕しかやれる人がいないんですよ。

ーー藤田さんとか、しっかりしてそうに見えますけど……。

藤田:いや、全然ダメです。許容範囲がものすごく狭くて、やることが多くなると端から抜けていくという。

タケイ:テーブルがちっちゃいんだよね。乗せられるものが限られてる(笑)。

朝日:実は藤田が一番アーティスト気質なんじゃないかな。

タケイ;もっさはムードメーカーですね。彼女がいると場が和むし。

ーーネクライトーキーという、変わったバンド名はどうやって付けたのですか?

朝日:「次集まる時にバンド名決めようぜ」という話になり、それぞれが考えてきた案を持ち寄ることにしたんですね。そしたら候補の名前が10個くらい上がったんですけど……。

もっさ:考えてきたの、私だけだったんです!!

(全員笑)

藤田:「わー、もっさ沢山考えてきたねー」って。

タケイ:「じゃあ、この中から決めちゃおう」みたいな(笑)。

もっさ:完全に騙されました……。

ーー(笑)。どんな意味が込められているんですか?

もっさ:元々、「トーキー・メモリーズ」っていうバンド名にしたいって言われてて、それを防ぐためにみんなで考えようって話だったんですよ(笑)。

藤田:あまりにダサ過ぎるからね(笑)。

朝日:俺が考えると大抵ダサくなる。その前の候補は「ゴーゴー・メモリーズ」だよ?

もっさ:そうならなくて良かったです(笑)。でも「トーキー」っていうのは残しておこうかなと思って。あと、曲の雰囲気から「ネクラ」「クライ」という言葉を入れて、そしたら「ライト」という言葉も全部入ったんですね。私的には語感がちょっと微妙かなと思ったんですけど、みんな早く決めたいのか「これでいいよ、これこれ!」みたいな感じで決まっちゃいました(笑)。

ーー実際、自分たちのことを「ネクラ」だと思いますか?

藤田:どうだろう……。でも、恐ろしくネガティブだと思いますね。仕事とかしてても、人と関わろうとか一切しないし(笑)。プライベートと仕事は絶対一緒にしない。

タケイ:僕は、根は単純でポジティブなんですけど、知らず知らずの間に分厚い壁を作っているらしいです(笑)。

朝日:俺、小学生の頃はめちゃめちゃ明るかったんだけどな。中学校のねじ曲がったスクールカーストのせいでネクラになってしまった。「こいつら全員殺したい」って思ってたからね。

(全員笑)

朝日:でも、実際に手を下したら前科がついちゃうから、あいつらに復讐するためには誰よりも稼いでやろうと思ってますね。それででっかい家を建てて、犬を5、6匹飼うのが目標。それも小型犬じゃなくて、トイじゃない方のプードルとか、ピットブルとか。

藤田:「稼ぐ」の定義(笑)。

「ネクライトーキーが語る、鬱屈した感情を昇華したポップサウンド「悪口書いてる人の方が味方かも」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版