>  >  > レキシ、愛される“テーマパーク感”

レキシ、三浦大知と『SONGS』でコラボ曲初披露 周囲を引き込む“テーマパーク”のような魅力

関連タグ
レキシ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHK総合でオンエア中の音楽番組『SONGS』の11月10日放送回にレキシが登場する。昨年の秦 基博特集の際、ゲスト出演したことはあったものの単体のアーティストとして特集されるのは今回が初めて。6thアルバム『ムキシ』を引っさげた全国ツアー真っ只中でのテレビ出演は、間違いなく追い風となるだろう。

レキシ -「GOEMON feat. ビッグ門左衛門 (三浦大知)」 Music Video (YouTube ver.)

 日本史を題材に、真面目とおふざけの間を自在に行き来する楽曲でじわじわと支持を集めてきたレキシ。デビュー当初は企画ものかとも思われたが、あれよあれよと言う間に10周年を迎え、昨年行われた全国ツアーも全会場ソールドアウトする人気ぶりだ。彼がこれほどまでに愛される理由とはどこにあるのか。

 レキシは、かつてSUPER BUTTER DOGや100sでキーボーディストを務めた池田貴史によるソロプロジェクトだ。幼いころから歴史好きだった彼が、日本史に登場する人物や事件をテーマに楽曲を作りはじめたのが活動の原点となっている。言葉遊びを取り入れたクスッと笑える歌詞、池田のルーツとも言えるソウルやファンクを土台にした楽曲もさることながら、デビュー当初より音楽ファンを釘付けにしてきたのが錚々たるアーティストたちとのコラボだ。

 代表曲「きらきら武士」では椎名林檎(Deyonna)、「年貢 for you」では秦 基博(旗本ひろし)、5thアルバム『Vキシ』収録の「最後の将軍」には松たか子(森の石松さん)が参加。このほかチャットモンチー(阿波の踊り子)、キュウソネコカミ(ネコカミノカマタリ)、サンボマスター・山口隆(田ンボマスター)、Every Little Thing・持田香織(もち政宗)など事務所の垣根を越え、レキシの“登場人物”となったアーティストは枚挙に暇がない。SUPER BUTTER DOG時代からの盟友・永積崇(シャカッチ)やいとうせいこう(足軽先生)にいたっては毎回アルバムに参加する、もはや常連だ。ちなみにカッコ内はレキシネームなるあだ名。楽曲に参加した証がこういうかたちで残るのもレキシならではだろう。

      

「レキシ、三浦大知と『SONGS』でコラボ曲初披露 周囲を引き込む“テーマパーク”のような魅力」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版