>  >  > 横浜流星、初のソロ歌唱披露

横浜流星、CDデビュー日に初のソロ歌唱披露「俳優もアーティストも両立できるように頑張りたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜流星が10月10日、『今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン) / 未完成』でCDデビュー。リリース日当日、池袋・サンシャインシティ噴水広場にて発売記念イベントを開催した。

 横浜流星は2011年ドラマデビューの人気若手俳優。2017年、菅田将暉らと出演した映画『キセキ ーあの日のソビトー』にてボーカルグループ・GReeeeNのナビ役を演じ、劇中ユニット・グリーンボーイズとして一度CDデビューを果たしている。しかし、今回のCDデビューはソロということもあり、少し緊張した面持ちで舞台に登場した横浜。ソロシンガーとしてパフォーマンスを披露するのも今回が初となる。

 まず「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン) 」を歌い始めると次第に緊張も和らいだのか、観客に向かって手拍子を求めたり、「一緒に歌おう!」と呼びかける場面も。横浜流星のイメージにもつながる真っ直ぐで爽やかな歌声が会場中に響き渡った。続けて「僕が初めて自分の内面と向き合って作詞した曲です。一生懸命歌います」と前置きして披露したのは、もう一つの表題曲である「未完成」。この曲ではスタンドマイクを用いて、“熱唱”という言葉にふさわしいパフォーマンスをみせる。自身が手がけた歌詞ということもあり、感情表現もより豊かだ。10〜20代の女性やカップル・ファミリー層など大勢の観客が見届ける中、堂々とCDデビュー曲2曲を歌い上げた。

 ライブを終えた後はトークセッションへ。前日の晩はそわそわして眠れなかったそうだが、「みなさんがすごく温かく見守ってくださったので、ホッとして楽しく歌えてよかったです」と観客に感謝を述べる横浜。グリーンボーイズとソロの違いについては明確な違いがあるとし、「心細いけれど、剣道をやっていたので一人には慣れている。自由になにも考えずにやっています」とコメントした。

 横浜は、『キセキ ーあの日のソビトー』に続く、GReeeeN映画プロジェクト第2弾作品『愛唄 ー約束のナクヒトー』(2019年1月25日公開)にて主演を務めている。この映画の撮影現場には「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」の生みの親でもあるGReeeeNプロデューサー・JINが訪れ、その場で歌入りの音源を聴かせてもらったのだという。「最初にメロディを聴いたときはキャッチーな明るい歌なのかなと思っていたけれど、歌入りの音源を聴いたとき、『愛歌』の世界観に通ずるなと。『愛歌』の悲しい気持ち、切なさに勝手に照らし合わせてしまいました」と楽曲の印象を語る一方、JINから「リズム感を大切にということと、素直に真っ直ぐ、ストレートに歌ってくれればいい」と歌唱アドバイスがあったことを報告し、「自分の魂を全力で注いで歌わせていただきました」とコメント。さらに、フィーチャリング相手のRoverについては「めちゃくちゃ気さくで面白い方」と紹介。「年も10個くらい違うので、お兄さんって感じで。学ぶこともたくさんありました。フィーチャリングしていただいてうれしい気持ちでいっぱいでしたね」と率直な思いを述べた。

      

「横浜流星、CDデビュー日に初のソロ歌唱披露「俳優もアーティストも両立できるように頑張りたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版