>  >  > グリーンボーイズ、初TVパフォーマンスへの期待

グリーンボーイズ、「キセキ」「声」Mステ披露へ 初のTVパフォーマンスはどうなる?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が、本日1月20日に今年の初回放送として、2時間スペシャルでオンエアする。急遽来日が決まったブルーノ・マーズの出演が注目を集めるなか、テレビ初パフォーマンスで話題となっているのが、グリーンボーイズだ。

 グリーンボーイズのメンバーは、俳優の菅田将暉、成田凌、横浜流星、杉野遥亮の4名。ボーカルグループ・GReeeeNの実話を元にした映画『キセキ ーあの日のソビトー』で、GReeeeNの前身グループ・グリーンボーイズを演じるために集結されたメンバーだ。彼らは、10年前のGReeeeNデビュー日と同じく1月24日にCDデビューを果たす。

 今回グリーンボーイズがMステで披露する楽曲は、劇中でも披露されているという「キセキ」と「声」。GReeeeNの「キセキ」は、ドラマ『ROOKIES』の主題歌としてもお馴染みの人気曲。これまでも数々のアーティストによるカバーの発表やCMへの起用が行われ、カラオケの定番曲としても知られている。一方「声」は、GReeeeNにとってどのような楽曲なのだろうか。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

 GReeeeNの「声」には、彼らがインディーズ時代にリリースしたCD『花唄集め』に収録されたものと11作目のシングル『遥か』に収録されたもの、2つのバージョンが存在する。グリーンボーイズが歌う「声」は、インディーズ時代の楽曲が元になっていて、<音に合わせさぁ手を挙げて思いは風に乗り想い届け>という歌詞の一節から勢いよく始まり、途中で煽りパートも展開するアップテンポなナンバー。デビュー前のGReeeeNの代表曲でもある「声」は、映画では4人の強い想いがこめられたグリーンボーイズ結成のきっかけの曲として、初ライブシーンでも歌われているという。

グリーンボーイズ(菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮) 『声』Short Ver.

 これまでGReeeeNがパフォーマンスを行う姿を見ることができなかった分、MVでグリーンボーイズが歌う姿はより新鮮に感じられる。ソロパートでそれぞれが画面に大きく映し出され、ユーモラスで表情豊か、のびのびと歌唱するシーンが印象的だ。楽しげでハッピーなMVからは、映画の撮影期間という短い時間の中で育まれたチームワークの良さが伝わってくる。

      

「グリーンボーイズ、「キセキ」「声」Mステ披露へ 初のTVパフォーマンスはどうなる?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版