乃木坂46 久保史緒里、全国ツアー宮城公演で涙の復活 サプライズ登場で起こったドラマを振り返る

 乃木坂46の初となる全国ドーム&スタジアムツアー『真夏の全国ツアー2018』最終公演が9月1日と2日、宮城・ひとめぼれスタジアムにて開催。体調不良でグループの活動から離れていた久保史緒里がサプライズ登場した。

乃木坂46『ジコチューで行こう!』

 久保史緒里は、宮城県出身の3期生メンバー。6月30日のオフィシャルブログにて、21thシングル『ジコチューで行こう!』にまつわる活動、7月6日から8日に渡って明治神宮野球場&秩父宮ラグビー場にて開催された『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』、そして『真夏の全国ツアー2018』に参加しないことを発表。同ブログでは、「この先も、乃木坂46としてずっと活動を続けていくために、今は、少し活動のペースを緩めて、自分に出来ることを、少しずつやっていきたいと思っています」と心境を綴っていた。

 『真夏の全国ツアー2018』の宮城公演最終日で久保のサプライズ出演を目撃したライターの渡辺彰浩氏は、今回の復帰について次のように語る。

「久保さんはグループの活動はお休みしていましたが、彼女が宮城の魅力を紹介していく菓子メーカー・菓匠三全によるWeb動画『宮城・仙台 旅しおり』の継続的出演や『Seventeen 夏の学園祭2018』への参加など、個人での活動は続けていました。そのため、ファンの間でも彼女の出身地である宮城公演には登場するのではないか?  という期待は少なからずあったと思います。今回、乃木坂46はJR東日本とタイアップを行っていたため仙台駅構内も乃木坂46一色といった感じで、東北を代表する銘菓『萩の月』の『宮城・仙台 旅しおり』限定パッケージの発売をはじめ、改札前の大型フラッグの掲出も彼女だけがリバーシブルのデザインになっていました。市をあげて久保さんを後押しして行こうという取り組みには、彼女が地元の街から深く愛されていることが伝わってきましたね」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる