>  >  > 『未確認フェスティバル』レポ

『未確認フェスティバル2018』

10代アーティストが見せた“本気”で音楽と向き合う姿 マイヘアも出演した『未確認フェスティバル』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 灼熱の暑さに見舞われた8月26日、東京・新木場STUDIO COASTにて、10代アーティスト限定の“音楽の甲子園”『未確認フェスティバル2018』が開催された。今年は応募総数3,067組中、3次審査まで勝ち上がった、かたこと、TRANS LUCENT LADY、錯乱前線、エルモア・スコッティーズ、諭吉佳作/men、マッシュとアネモネ、ステレオガール、The Shiawaseの8組がファイナルステージに挑んだ。

Arrow
Arrow
高橋ひかる
ArrowArrow
Slider
 

 まずは、『未確認フェスティバル』4代目の応援ガールとして抜擢された髙橋ひかるが開会宣言。エレキギターを掻き鳴らし、本編がスタートした。各々が鎬を削った果てには、マッシュとアネモネがグランプリ、ステレオガールが準グランプリ、諭吉佳作/menが審査員特別賞を獲得した。本稿では、3バンドとオープニングアクトのリツキ、ライブゲストのMy Hair is Badを中心にイベントの模様を振り返りたい。

リツキ

 前方にある3つの大画面ディスプレイに、昨年グランプリを獲得したリツキのグランプリ獲得シーンが映し出される。ディスプレイが暗転した途端に今年のオープニングアクトでもあるリツキの名が読み上げられた。横からオレンジの照明が入った時、すでにリツキはステージの真ん中でアコースティックギターを携えて立っていた。「偏見」では、奥深いブルースを含むメロディが哀愁を漂わせ、「スプーンの油」では、衝動的に声を荒らげながら、アコースティックギターを負けじと掻き鳴らす。ラストの「笑顔のイデア」では、憂いを帯びた旋律で、観客に心地良さを伝えた。歌唱後、とーやま校長へ優勝旗を返還し「『未確認フェス』は普通のフェスとは違って、衝動とかモヤモヤした思いをぶつけられる。これを境にどう変わるかは人それぞれだと思うけど、一押しになるので。楽しんで一日過ごしましょう」と会場にメッセージを送った。

マッシュとアネモネ

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

 マッシュとアネモネは、平均年齢17歳の4ピースバンドだ。全員揃ってブルーの衣装で登場し、もちこ(Gt/Vo)は毅然たる表情で、「スイート」を歌唱。続いて、グランプリ獲得後のウイニングライブでも披露した、キャッチーさとポップさを兼ね備えた楽曲「ユートピア」を披露。特にAメロの〈寝耳に水〉というフレーズでは観客を一瞬で虜にした。可愛らしい印象とはアンビバレントなハスキーな歌声が相俟って、会場が丸ごとポップカラーに染まっていった。ラストは、新木場スタジオコーストで披露するために7月に作ったという楽曲「シーサイド」をパフォーマンス。多くの人が手をあげて楽しんでいたことに「知らない方もいっぱい手をあげていただき本当にありがとうございます。これを機会にマッシュとアネモネをもっと好きになってください。よろしくお願いします」と会場に伝えた。

諭吉佳作/men

 ソロアーティスト・諭吉佳作/menは、緑と黒を基調としたスカート衣装で登場。「水槽のガラスだけだよ」では、メロウなサウンドが奏でられる中、真っ赤な照明がステージ一面を覆う。その見事に染まった赤と、諭吉佳作/menの緑の衣装の色の相性は抜群。諭吉佳作/menが歌唱しながら右へ左へと交互に歩く度、フリルスカートがヒラリヒラリと揺れる様は、まるで花の蜜を探して彷徨う蝶を連想させ、諭吉佳作/menを大人っぽく仕立てた。

 その後、「別室で繭を割った」、「非常口」でも完全に会場の空気を掌握し、観客を魅了。歌唱後には、どういった感覚で歌っているのかという質問に対し、「人の話を追って作ってる曲が多いから別の人として歌ってるかもしれない」と答えたのも印象的だった。

ステレオガール

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

 平均年齢19.4歳の5ピースバンド・ステレオガール。「GIMME A RADIO」は呪文を呟くようにして始まり、一度聴いたら耳から離れないような中毒性があった。そのオルタナティブで、且つ、90’sUKロックを彷彿させるようなサウンドで会場を騒然とさせる。終始、身振り手振りを加え、狂うように踊っていた毛利安寿(Vo)に対し、演奏陣も非常にフレキシブルだった。続いて「ひとごろし」、「ぼくらはわかくてうつくしい」を披露。固定概念をぶち壊すような奇抜さと危うさを持ち合わせながらも、重厚なサウンドとキャッチーなメロディにより、観客を圧倒した。

      

「10代アーティストが見せた“本気”で音楽と向き合う姿 マイヘアも出演した『未確認フェスティバル』」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版