>  > Newspeakが語る国内外の音楽シーン

連載「Signal to Real Noise」第二回:Newspeak

Newspeakが語る“リバプールと日本の違い”「クリエイティブになろうというムードが出てくる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何年経って聴いても良さがある。判断基準にしているのはそこ」

ーー推測として思ったんですけど、Newspeakがやってるのはある種のロマン性を持った音楽じゃないかと思うんです。トレンドよりも人の感情に突き刺さるもの、聴いた人の思い出に残っていくものを重視している。

Rei:そうですね。それだけですね。いろんな音楽を聴いていても「格好いい! 超踊れる!」っていうのは一過性なものでしかなくて。何度か聴いたら全然聴かなくなったりする。でも、いい音楽って、何年経って聴いても良さがある。判断基準にしているのはそこですね。

ーー歌詞もReiさんが書かれているんですよね。曲の歌詞を書く時、歌のモチーフにはどういうものが浮かぶことが多いでしょうか。

Rei:結局、今考えてることが出ちゃうんで。いろいろしんどいことが多いじゃないですか。だけど大事なことは、そんなに多くないというか。

Yohey:大体の曲はそうだよね。最初に出した曲から今まで変わらない。

Rei:「お金じゃねえんだよ、仕事じゃねえんだよ、愛なんだよ」みたいな(笑)。

ーーそういう意味でも、Newspeakって、サウンドや曲調じゃなくて、歌詞がキーポイントなのかもって思いました。ロマン主義ですよね。

Rei:そうかもしれないですよね。

ーーくさいメッセージかもしれないけど、それを全力で響かせると共鳴するピュアネスが曲と歌詞にある。

Rei:そうですね。そういうピュアなところは最終的に全員持っていると思うんで。全員ひねくれているんですけど。もっとハッピーな、もっと面倒くさくない曲を作りたいとも思ってるんですよ。シンプルに、いろんな情景描写もなく「好きです!」みたいな曲も作りたい。

ーー英語で歌ってるのであまりインタビューで歌詞のことを聞かれることは少ないとは思うんですけれど。実は歌詞がすごく重要なバンドである。

Rei:そこはそうですね。メンバーはそこを大事にしてくれる。メロディと歌詞を大事にしてくれるし、意見が違うことはいっぱいありますけど、そこだけは守ってくれる。

ーーReiさん以外の3人に聞きたいんですけれど、Newspeakの曲や歌詞にはReiさんの人間性がピュアに出てると思いますか?

Yohey:出てるんじゃないですかね。

Steven:僕はReiのそういうところが大好き。バンドをいっぱいやってきて、バンドマンは沢山見てきたんだけど。よくあるのは「格好いい曲を作ろう」「売れる曲を作ろう」っていうので。曲のメッセージ、何を伝えたいのかを最後に考えちゃう。それは一番イヤなんですよ。Reiは曲のメッセージからちゃんと考えてるのが好きで。

Yohey:人間味のある歌詞なんで。最近、ライブバンドって熱い人が多いじゃないですか。そうじゃなくて、歌詞の中に熱量があるというか。すごくパーソナルな、Reiがどういう人かを説明してるようなイメージのある歌詞なんですよね。それが歌詞でわかる。対訳を直そうとするとちょっと照れくさいんですよ。

Rei:和訳、大事じゃないですか。日本でバンドをやっていて、リスナーも日本人の方が大半なんで。CDの歌詞カードには対訳を乗せてるんですけれど、英語のニュアンスってすごくあるんで。それを日本人が見たときにストレートに受け入れられる日本語に直したいなと思って。

ーーそこ、すごく大事なところですよね。なので質問というよりは要望になっちゃうんですけれど。配信で聴く人にも歌詞と対訳がわかるようにしてほしいと思うんです。ちゃんと歌詞の意味がわかって、みんながそのフレーズで合唱するようになるとReiさんのピュアネスがもっと伝わると思うんですよね。

Yohey:そうですね。これはやりましょう。


ーーちなみに、Spotifyでバンドのプレイリストも公開していますが、あれはどういう風に選んでいるんでしょうか?

Yohey:あれはバラバラに好きな曲とか、そのとき聴いているものとかルーツとか、それを気が向いたら更新してく感じなんで。一貫性があるプレイリストではないですね。

Rei:超ラフですね。

ーーメンバーそれぞれ、あの一貫性のなさがNewspeakの個性になっているというか。選曲も気取ってなくて、それがよかったです。

Rei:俺たちはこのバンドをリファレンスにしてやっていくんだというのが特にないから、そこは出しちゃってもいいのかなっていうのがあるのかもしれないですね。

Yohey:人間味ってのがすごい大事な気がする。最近、ループとか、打ち込みで作ってる音楽が主流ですけど、「すげえいいなこの曲」って思うものは曲が人間味で溢れていると思うんで。プレイリストを作るのもそうなんじゃないかなって。特に何も考えずに「俺はこれが好き」みたいに選んでるんで。

Rei:それが人間味になってるのかな。

Yohey:どのメンバーがどれを選んだのか全然わかんないんですけど、Newspeakっていう人間がやってるプレイリストって思ってもらえると。

ーー音源だけ聴いているとクールなイメージだったんですけれど、実際に話を聞いたらもっとエモーショナルで人間味が大事なバンドだったんですね。そういうところはもっと見せていこうという意識もありますか?

Yohey:そうですね。曲を作るときに話してることも変わってきてるんじゃないかな。

Rei:そういう熱や人間味が出ていくことには全然抵抗はないですね。今はそういう機会がまだないだけで。変な方にブランディングしたくないというのはありますけど、今のままの人間味がもっと曲に響いてくるなら、それを伝えていきたいなと思いますね。

(取材・文=柴那典/撮影=伊藤惇)

■リリース情報
1st Mini Album『Out Of The Shrinking Habitat』
発売:10月3日(水)
価格:¥2,000(税込)

〈収録内容〉
01. The Shrinking Habitat
02. 24/7 What For
03. Wall
04. Lake
05. Monetized Love
06. Soul Spin
07. Let Down
08. Wanna Stay

■ライブ情報
10月7日(日)『マグロック・フジソニック 2018」 at 清水マリンパーク内イベント広場&SOUND SHOWER ark w/ The Birthday / GLIM SPANKY / BRADIO / アルカラ / RADIO FISH 他多数

10月12日(金)『「Out Of The Shrinking Habitat」Release Party』at 渋谷GLAD w/ ROTH BART BARON

10月19日(金)『Survive Said The Prophet space[s]TOUR』at秋田SWINDLE w/ Survive Said The Prophet

10月20日(土)『Survive Said The Prophet space[s]TOUR』 at八戸FOR ME w/ Survive Said The Prophet

11月9日(金)『「Out Of The Shrinking Habitat」Release Tour』at 大阪SOCORE FACTORY w/ WOMAN / ,,,and more

11月10日(土)『「Out Of The Shrinking Habitat」Release Tour』at 京都 GROWLY w/ the engy / ,,,and more

11月11日(日)『Sunrise In My Attache Case「Light The Fire Tour」』 at 渋谷O-Crest w/ Sunrise In My Attache Case

11月18日(日)『Yap!!! Bichrome & Monochrome Release Tour 〜Everyone Let’s Dance〜』@仙台enn 3rd w/ Yap!!!

11月30日(土)『「Out Of The Shrinking Habitat」Release Tour』at 名古屋 3STAR IMAIKE w/ T.B.A

■関連リンク
Official Site
Twitter
Facebook
Instagram
Youtube

「Newspeakが語る“リバプールと日本の違い”「クリエイティブになろうというムードが出てくる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版