>  > EBiSSHが得た“新たな表現”

3rdシングル『GO!!!』インタビュー

EBiSSHが語る、『GO!!!』で得た表現と成長の実感「魅せ方のバリエーションも増やしていけたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBCとのユニットONE N’ ONLYで刺激

ーー現在はワンマンツアー『Let’s EBiSSH! ~GO!!!~』の途中で、9月に後半戦があります。

NAOYA:8月の前半戦とは、何かを変えられたらいいなと思っています。あと今回は全部で7本あって、春ツアーより2カ所増えているので、それはすごく嬉しいです。春からより進化、成長した僕らの姿を観てほしいなと思います。

KOHKI:変わらない僕たちを観てもらうことも大事だけど、パフォーマンスの面ではより進化した部分を見てほしいので、魅せ方のバリエーションもより増やしていけたらと思います。一方で、MCではお客さんを巻き込んで普段の僕らを観てもらえるように意識して、何よりもBAEBAEたちが楽しんでくれることを第一に考えたツアーにしたいです。

TETTA:より良くしたいですよね。春ツアーよりいいものに変えたいというのがあって。

NAOYA:毎公演ごとに成長していきたいってことでしょ?

TETTA:そうそう。でも後半戦の最初の広島から全力で突っ走って、ファイナルの宮城では、その時とは別人じゃないかって思うくらい成長したい。めちゃめちゃ成長したいツアーです。

REI:ワンマンは、僕らのパフォーマンスを観たいと思って来てくださる方が多いので、まずはその期待に応えられるように一生懸命やることと、すべての公演でお客さんを楽しませることを意識したいです。あと他のメンバーも言った通り、回数を重ねるごとに段々と僕らも成長していって、毎回来られるお客さんにはそれを感じてもらえるように頑張ります!

NAOYA:あと北海道は、リリースイベントだといつも日帰りで空港でラーメンばかりで。今回は宿泊できる予定なので、美味しいものをたくさん食べて帰りたいです(笑)!

ーーあと最後に、さとり少年団との合同ユニットONE N’ ONLYの活動についても聞きたいのですが、ONE N’ ONLYとして活動することで、EBiSSHにプラスになっていることはありますか?

TETTA:ダンス面では、さとり少年団はみんな揃っていてキレキレなので、一緒にレッスンしている時からけっこう刺激になって、勉強になる部分は多いです。さとりのダンスは、EBiSSHが踊るジャンルとは違うから、その2つが重なることで、さとり少年団でもなくEBiSSHでもない、それこそONE N’ ONLYなものになっていると思いますね。歌にしても、違う歌い方を吸収できるのは、すごくいい環境だなって思います。いろんなスキルを磨かせていただいているという感じですね。EBiSSHで気づけないこと、自分の足りないところ、新しい発見が、ワンエンではたくさん見つかっているし。すごく勉強になっています。

NAOYA:4人ともEBiSSHの時とは、違った顔になっていますよね。僕は別人というか、別モノだという感覚でやっています。個人的には、二倍吸収できるのが嬉しいし、その二倍吸収したものをEBiSSHにも活かして、ONE N’ ONLYでも活かせたらいいなと思っています。

KOHKI:ひとつのグループで活動していると、どうしても自分たちのことを客観的に捉えることが難しくて。でも、さとりと一緒にやることで、さとりの3人からEBiSSHってこうだよねって言ってくれて、自分たちを客観視できるのは、2グループが集まってるからこそだなって思います。お互いに、自分たちでは見えない部分が見えるので、そこはすごくプラスになっていますね。MCについて「自由でいいね」って言われたりするから、そこは伸ばしていこうと思うし。ダンスは3人ともキレキレだから、いいところを盗みたいと思うし。

REI:ONE N’ ONLYでは歌い方がまったく違うので、NAOYAが言ったように僕も別モノと考えて歌っていますね。EBiSSHではやらない曲調も多いので、それをやることで得たスキルをEBiSSHにも活かしていきたいし。ダンス面に関しても7人だからこその魅せ方もあるし。ONE N’ ONLYで新しいことを勉強しながら、それをまたEBiSSHに持ち帰ることができたらいいなと思っています。

ーー8月、9月がEBiSSHのツアーで、10月にはONE N’ ONLYのツアー『ONE N’ ONLY ~EBiSSH×SBC~ Zepp Tour 2018』が控えていますが、切り替えが大変そうですね。

NAOYA:リハはワンエンと並行してやっているので、正直そこは個人的にキツイなというのはありますけど……単純に前よりも振り覚えが早くなったと思うし。それと僕は考えすぎるとダメなタイプなので、無というとあれだけど、考えずにやるようにしています。だから、今日はEBiSSHだとか今日はワンエンだとか、切り替える感じはなくて。そこは、両立に慣れ始めているのかなっていう感じですね。

(取材・文=榑林史章/写真=外林健太)

■リリース情報
『GO!!!』
発売:2018年8月22日(水)
価格:¥1,000(税込) ※各TYPE共通
【TYPE-A】
1. GO!!!
2. HI・KA・RI~君となら~
【TYPE-B】
1. GO!!!
2. エビパレ
【TYPE-C】
1. GO!!!
2. CHANCE

■映画情報
『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』
2018年08月24日(金)公開
劇場情報

■ライブ情報
『EBiSSH 3rdシングル「GO!!!」リリース記念全国フリーライブツアー』
8月22日(水)ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場
開演 17:00~
ミニライブ&特典会(ライブ観覧は無料)
8月25日(土)大阪南港ATC 海辺のステージ
開演 14:00~
ミニライブ&特典会(ライブ観覧は無料)
8月26日(日)東京ドームシティ ラクーア ガーデンステージ(FINAL)
開演 14:00~
ミニライブ&特典会(ライブ観覧は無料)

『Let’s EBiSSH! ~GO!!!~』
9月7日(金) 広島・広島セカンドクラッチ
9月8日(土) 福岡・福岡BEAT STATION
9月17日(月祝) 北海道・札幌KRAPS HALL
9月22日(土)宮城・仙台Rensa

『ONE N’ ONLY ~EBiSSH×SBC~ Zepp Tour 2018』
10月7日(日)Zepp Namba
10月14日(日)Zepp Tokyo
10月19日(金)Zepp Nagoya

『EBiDAN THE LIVE 2018 ~Summer Party~』
8月28日(火)、29日(水)東京国際フォーラム・ホールA

オフィシャルサイト

「EBiSSHが語る、『GO!!!』で得た表現と成長の実感「魅せ方のバリエーションも増やしていけたら」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版