>  >  > 嵐ら『24時間テレビ』感動エピソード

嵐、関ジャニ∞、NEWS……『24時間テレビ』での感動エピソードを振り返る

関連タグ
NEWS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末の8月25日から26日にかけて、夏恒例の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が放送される。番組内では毎年様々なコーナーや取り組みが行なわれているが、ジャニーズファンとして気になるのはメインパーソナリティだろう。今年はSexy Zoneが初めてメインパーソナリティを務める。公式HPでは「思ってもいなかったので、とてもうれしいです(菊池風磨)」、「サプライズ発表を受けて、思わぬ出来事に腰を抜かしそうになる、ということが本当に起こるんだと驚きました(佐藤勝利)」など、喜びと驚きをコメントしている。これまで、数々のジャニーズメンバーたちが務めてきた『24時間テレビ』のメインパーソナリティ。振り返ってみると、各グループごとの特徴が表れた感動のエピソードが多々存在している。

 2004年、2008年、2012年、2013年とこれまで4回メインパーソナリティを務めてきた嵐。『24時間テレビ』の嵐といえば、メンバーへ宛てた手紙の朗読ではないだろうか。2004年は相葉雅紀からメンバーへ。肺気胸になってしまった時の思い、メンバー一人ひとりへの感謝を涙ぐみながら伝えた。2008年は二宮和也からメンバーへ。4人のメンバーに出会えた喜びや“6人目の嵐”と表現したファンへの感謝を、二宮らしい言葉と声のトーンで読み上げている。そして、2012年はそれぞれが未来の自分に向けて手紙を読み、最後にリーダーの大野智が「未来に待ち構えるであろう困難も全員で乗り越え、ずっと5人でいよう」と未来の嵐へ向けてメッセージを送った。どんなときでも明るく楽しく、“アイドル”でいる姿勢を崩さない嵐の5人。彼らが裏で抱える葛藤や、メンバーやファン、スタッフへの思いがはっきり見られたこの手紙のリレーは、今もなお語り継がれている。

関ジャニ∞

 関ジャニ∞は2011年、2014年の2回メインパーソナリティを務めた。エピソードは数々あるが、特に印象的だったのは小児ガンで亡くなった少年に向けて歌った「無限大」。メンバーの錦戸亮が亡くなった少年の両親を訪ね、取材を行なうと「エイトレンジャー(関ジャニ∞が各地のコンサートで上演してきた戦隊パロディー)が好きだった」というエピソードを聞く。そのVTRを見た横山裕は、涙をこらえながら「やっていて良かった」と話す。そして、メンバー全員で「無限大」を届けた。〈出会えた事が嬉しくて/なんだか涙が溢れてく/心に元気無限大/大切な仲間〉という歌詞が、友だちがたくさんいた少年とリンクし、スタジオは涙に包まれる。自分たちの活動が誰かを支えていたことを喜び、歌でお返しをするその姿は真摯な関ジャニ∞ならでは。そんな関ジャニ∞たちの優しい歌声、涙を堪えながら力強く歌う姿は、きっと少年にも届いているだろう。

      

「嵐、関ジャニ∞、NEWS……『24時間テレビ』での感動エピソードを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版