WEAVERは新しい物語を紡いでいく 新プロジェクト『流星コーリング』スタートのライブを見て

WEAVERは新しい物語を紡いでいく 新プロジェクト『流星コーリング』スタートのライブを見て

 7月7日、WEAVERが『WEAVING ROOM~Festival of WEAVER~ from YouTube Space Tokyo』を開催した。現在WEAVERは、杉本 雄治(Pf/Vo)がミュージカルの劇伴を手掛けたり、奥野 翔太(Ba/Cho)がサポートベーシストとして他アーティストのライブに出演したり、河邉 徹(Dr/Cho)が小説家デビューしたりと、個々の活動も充実している。4月から始まったマンスリー企画『WEAVING ROOM』はその活動を反映するように実験的な内容になっており、この日のライブは同シリーズの出張編という位置づけだった。すでにニュースもリリースされている通り、その日を以って新プロジェクト『流星コーリング』をスタートさせたWEAVER。七夕を英訳すると「Festival of WEAVER」であり、7月7日はバンドにとって思い入れの深い日。杉本曰く、今年の頭ぐらいから「新しいことを始めるなら第一歩はこの日にしよう」という話がチーム内で上がっていたという。改めて説明すると、『流星コーリング』とは、河邉の書いた小説を基にバンドが楽曲を制作していくプロジェクト。この日初披露された新曲「最後の夜と流星」はその第一弾楽曲である。

 そんな決定的な瞬間を直接目撃できたのは80人弱の当選者のみだったが、YouTubeにて生中継も行われていた。できるだけ多くの人に知ってもらいたいという気持ちがバンド側にあったのだろう。期間限定でアーカイブも残っているので気になる人はぜひチェックしてみてほしい。会場のYouTube Space Tokyoは六本木ヒルズ森タワーの29階に位置している。「いつもより空に近い場所だから願い事も叶いそう」と、杉本がロマンティックなことを言っていたのが印象に残っている。

Arrow
Arrow
杉本 雄治
ArrowArrow
Slider

 七夕にちなんでこの日は星と月をテーマにした楽曲を中心に披露。全9曲、新旧が網羅されていたほか、WEAVER唯一の全編英詞曲「Time Will Find A Way」など、ライブで久々に登場する楽曲も盛り込まれていた。アレンジに関しては、ここ1、2年の間推し進められていたエレクトロ路線からは一旦距離を置いたような印象。序盤はメンバーも観客もやや堅かったが、演奏が進むにつれて、両者ともに和らいでいく。クライマックスにあたる「管制塔」でアグレッシブな曲調も相まって演奏に一層熱が入り、汗が滴り落ちているのがこちらからも見えるほど。「Shine」で杉本がシンガロングを煽るようなしぐさをすると、客席の多くの人がそのフレーズを口ずさんだ。

 MCでは自分たちの意思を3人それぞれの言葉で丁寧に伝えていた。奥野は『流星コーリング』のことを「今の3人にしかできないことを目指したプロジェクト」とし、「今日このライブを以って僕らがやろうとしていることを明かしていこうと思います」と宣言。河邉は、CD→ツアーというルーティンが一般的になっているなか、今年だけは違うことをしたいという想いがあったのだと告白。「WEAVERというバンド名には“WE”が入っている」「3人だけじゃなく、オーディエンス、スタッフも含めた “WE”でありたい」という話をしながら「誰も独りにしないような作品を作っていこうと思います」と語っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる